洒脱にポップに彩りを添える、北欧フューチャー・ソウルの充実盤

  • 文:山澤健治(エディター)

Share:

【Penが選んだ、今月の音楽】
『Ⅲ』

03_pcd94156.jpg
フィア Pヴァイン PCD-94156 ¥2,640

昨年リリースされたセカンドは、カラフルでお洒落なネオ・ソウル/ニュージャズ・サウンドがファッション・カルチャー系メディアからも注目を集めた。そんなノルウェー発の男女混成8人組コレクティブによる3作目。北欧らしい洒脱さと人懐こいポップさはさらなる深化を遂げ、リードシンガー、ソフィーのスウィートな歌声もあいまって、爽やかかつドリーミーな聴き心地を実現。色鮮やかな音色や綿密に練られた旋律、展開の多い曲構成など、良質なJ-POPやAORとも共鳴し合う、北欧フューチャー・ソウルの充実盤だ。

※この記事はPen 2023年11月号より再編集した記事です。