控えめでいて上質、最注目のトレンド「クワイエット・ラグジュアリー」という美学

  • 写真:鈴木 新(go relax E more)
  • スタイリング:池田尚輝
  • ヘア:KANADA(LAKE TAJO)
  • メイク:ITSUKI(SIGNO)
  • 編集&文:栁澤 哲

Share:

いまファッションの世界で注目度を増している「Quiet Luxury(静かなる贅沢)」というキーワード。過剰なデザインを排除した、控えめながらシンプルで上質な服やスタイルこそ、時を超えて輝き続ける。Pen最新号、2023年秋冬ファッション特集『時代を超える服』より抜粋して掲載する。

Pen最新号は、2023年秋冬ファッション特集『時代を超える服』。新作でありながら、時代を超えた魅力を放ち、心をくすぐる服に注目し、さらに最新トレンドのクワイエット・ラグジュアリー、一歩先のジェンダーレススタイルまでを紹介。過去と現在、未来を行き来しながら、気になるファッションの“いま”を解き明かす。

2023年秋冬ファッション特集『時代を超える服』
Pen 2023年11月号 ¥990(税込)
Amazonでの購入はこちら
楽天での購入はこちら

---fadeinPager---

ロゴはもちろん過度な装飾もなく、その印象はシックでクラシカル。でも、上質な素材や繊細な仕立てからはひと目で、その服が高級であることが伝わってくる。海外のセレブリティのそんな出で立ちが注目を集め、新たなトレンドとして脚光を浴びているのが「クワイエット・ラグジュアリー」だ。セオリーは存在しないものの、カラーパレットは白、黒、グレー、ベージュなどの無彩色が主。控えめだけれど、それらを纏うことによって、確かな品格やその人の自信さえも感じられるようなスタイルである。

もちろん、そんな志向はこれまでにも存在し、まったく新しい概念というわけではない。ただこの潮流が、普遍的で美しい服を見る目を養い、決してこれ見よがしではない、本質的なものの見方、選び方を後押ししてくれることは確かだ。そして、そんなエレガントな服が、私たちの大好きな色落ちしたジーンズ、またはシワが生じた肌までも魅力的に映してくれるかもしれない。なぜなら、その服は時代を超える、タイムレスなものなのだから。

quietluxury_1.jpg
quietluxury_2.jpg
上質な素材と仕立てが叶える、エレガントなブラックの装い
最高級のファブリックや精緻を極めたテーラリングを駆使し、現代にふさわしい“クラシック”をつくり続けるザ・ロウは、クワイエット・ラグジュアリーのムードを纏う存在。起毛させたカシミア生地をダブルフェイスで仕立てたコートが、優美なシルエットを表現する。コート¥1,648,900、ジャケット¥396,000、ポロシャツ¥207,900、パンツ¥218,900/すべてザ・ロウ(ザ・ロウ・ジャパン TEL:03-4400-2656) スニーカー¥58,740/メフィスト(エンデバー・エス・ビー・シー TEL:03-4577-1490)
quietluxury_3.jpg
リラックスだけじゃない、最高品質の素材が醸し出す品格
クルーネックセーターに軽く羽織ったシャツジャケットは、世界で最も細いわずか12ミクロンの「ザ・ギフト・オブ・キングス®」ウールを、撥水加工を施した表地とライニングのニットにも使用。カシミアのキャップとホワイトのラバーソールによるシューズを、軽やかなアクセントとして。ジャケット¥1,423,400、セーター¥161,700、中に着たTシャツ¥77,000、パンツ¥114,400、キャップ¥82,500、シューズ¥149,600/すべてロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ ジャパン TEL:03-5579-5182)
quietluxury_4.jpg
スウェットとは一線を画す、ラグジュアリーな日常着
クワイエット・ラグジュアリーは、約10年前に取り沙汰された「ノームコア」とは似て非なるもの。気取らないデイリーウエアであっても、ウールにカシミアを混紡したこのセットアップのように、一見してわかる上質な素材で洗練をアピールしたい。カシミアのフェアアイルセーターを腰に巻いて表情に味つけも。パーカ¥159,500、パンツ¥154,000、腰に巻いたセーター¥238,700、手に持ったブルゾン¥876,700/すべてラルフ ローレン パープル レーベル(ラルフ ローレン TEL:0120-3274-20)
quietluxury_5.jpg
ロゴや装飾ではなく、革の質感が出自を伝える
バッグなどの小物においても、素材やつくりのよさで存在感を発揮できるものを選びたい。たとえば、一見するとシンプルなショルダーバッグであるエルメスの「カヴァッシュ」。フロントに浮かび上がる「H」もさることながら、しなやかで発色のいいレザー、ヴォー・バレニア・フォーブルが、その上質さを物語る。ブラウンに馴染むしなやかなブラックのニットウエアと合わせて。バッグ¥986,700、ポロシャツ¥171,600、パンツ¥162,800/すべてエルメス(エルメスジャポン TEL:03-3569-3300)
quietluxury_6.jpg
quietluxury_7.jpg
フィールドジャケットの袖口からのぞく、高級機械式時計の品格
ホワイトゴールドケースとシルバー製のダイヤルに気品が漂う、クラシカルな「1815 アニュアルカレンダー」を。時計¥7,260,000(A.ランゲ&ゾーネ TEL:0120-23-1845) ブルゾン¥148,500/チーニ(三喜商事 TEL:03-3470-8232) セーター¥40,040/サンスペル(サンスペル カスタマーサービス TEL:050-3562-1860) パンツ¥44,000/カルーゾ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 TEL:03-5772-5501) メガネ¥465,300/リンドバーグ(コンティニュエ日本橋 TEL:03-6281-9077) スニーカー¥12,980/ニューバランス(ニューバランスジャパンお客様相談室 TEL:0120-85-7120)
quietluxury_8.jpg
さりげなく華を添える、ミニマルで上品なジュエリー
真円のリングをカットしてできた2つのリングで、ダイヤモンド入りの別リングを挟み込むなど、重ねづけでさりげなく個性をアピールしたい。中指リング¥36,300、薬指リング(上、下)¥154,000、薬指リング(中)¥297,000/すべてシハラ(シハラ トウキョウ TEL:03-6427-5503) コート¥266,200、シャツ¥108,900、パンツ¥108,900/すべてガブリエラコールガーメンツ(メイデンズショップ TEL:03-5410-6686) ソックス¥11,000(オーラリー TEL:03-6427-7141) シューズ¥239,800/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン TEL:03-6267-6010)
quietluxury_9.jpg
デニムとベビーキャメルの穏やかなコントラストを愉しむ
オーセンティックなバルカラーコートも、ベビーキャメルのやわらかな膨らみに高級感が漂う。ケーブル編みのカーディガンと合わせて。コート¥187,000(オーラリー TEL:03-6427-7141) カーディガン¥103,620/クリスタセヤ(ジュンカスタマーセンター 0120-298-133) シャツ¥36,300/ヤン マッケンハウアー(メイデン・カンパニー TEL:03-5410-9777) 古着のジーンズ(参考商品、スクール コマザワ Instagram@yuk_skool)
quietluxury_10.jpg
ムートンのフーディで、ワンマイルスタイルに品格を
下半身をあえてスポーティにまとめることで、ジップパーカのしなやかなシープスキンがより引き立つ。ジップパーカ¥374,000/コモリ(ワグ インク TEL:03-5791-1501) セーター¥143,660、中に着たカットソー¥17,160/ともにサンスペル(サンスペル カスタマーサービス TEL:050-3562-1860) パンツ¥14,300/エル・エル・ビーン ジャパンエディション(エル・エル・ビーンカスタマーサービスセンター TEL:0422-79-9131) マフラー¥35,200/ジョシュアエリス(グリニッジ ショールーム TEL:03-5774-1662) スニーカー¥12,980/ニューバランス(ニューバランスジャパンお客様相談室 TEL:0120-85-7120)

Pen0928_RGB.jpg

2023年秋冬ファッション特集『時代を超える服』
Amazonでの購入はこちら
楽天での購入はこちら