「背負ってるものが違う」ストリートスナップのために声をかけた美女がカダフィ大佐の親族だった

  • 文:中川真知子

Share:

イタリアの街角で魅力的な人に声をかけて写真撮影をしている写真家のedoardogirardin。彼はミラノの街で一際目を引く女性に声をかけた。

その女性は、側から見てもただものではないオーラを発している。それもそのはず、彼女はミス・リビアだったのだ。 

@edoardogirardin

STREET PHOTOGRAPHY / AIMANI

♬ suono originale - edoardogirardin
TikTok - @edoardogirardin

---fadeinPager---

アイマニと名乗る彼女は、大学で薬学と精神医学を学ぶ23歳。ヴォーグとのミーティングに向かう途中だったそうだ。

インタビューの中でアイマニさんは、その若さにして7回もガンと戦ったサバイバーだと明かす。この時点ですでに壮絶な人生が窺えるが、リビアの軍人で革命家、元最高指導者のカダフィ大佐の親族であることも告白。カダフィ大佐といえば、独裁政権を維持した後、2011年の内戦で政権が崩壊し、反派閥隊によって殺害された人物だ。

リビアで政治と人々の病を見つめてきたアイマニさんの瞳は力強く、使命感すら感じさせられるだろう。TikTokに投稿されたこの動画は9月25日現在、8600万回再生を記録。「歩いているだけですでに存在感がある」「彼女は本当の美しさを見せている」「背負ってるものが違う」などのコメントが相次いでいる。

Edoardogirardinのストリートスナップの中でも一際目を引く写真に仕上がっているが、彼が投稿したこれ以外のスナップも併せて紹介しよう。

---fadeinPager---

@edoardogirardin

STREET PHOTOGRAPHY / VALERIA & DEMI

♬ Stories 2 - Danilo Stankovic

---fadeinPager---

@edoardogirardin

STREET PHOTOGRAPHY / RICK

♬ suono originale - edoardogirardin

---fadeinPager---

@edoardogirardin

STREET PHOTOGRAPHY / MEDELLINN

♬ Stories 2 - Danilo Stankovic