ポール・スミスの代名詞「ストライプ」の過去と現在が見える、限定イベントを10月5日から原宿にて開催!

  • 文:Pen編集部

Share:

Stripe, Unfolded_4x5.jpg
ポール・スミスの代名詞である「ストライプ」にフィーチャーしたポップアップイベントを10月5日より開催。

英国を代表するファッションライフスタイルブランドのポール・スミスは、10月5日~10月15日に東京・原宿のバンク ギャラリーにて、ポール・スミスを象徴する「シグネチャーストライプ」にフォーカスしたポップアップイベント「ポール・スミス ストライプを紐解く ー STRIPE, UNFOLDED」を開催する。

デザイナーのポール・スミスが70年代に最初のショップをオープンして以来、「ストライプ」はポール・スミスの代名詞であり、“classic with a twist(ひねりのあるクラシック)” というポール・スミスの哲学を体現するアイコンとして親しまれてきた。一見シンプルなストライプは、実際はデザインと制作の両面で非常に複雑な工程を経て製品となる。そして現在では、コレクションの中でもよりプレミアムな素材やクラシックなアイテムに意外性のあるディテールとして用いられている。現代の職人技を駆使し、イノベーションとオリジナリティの象徴として、ユニークかつ趣向を凝らした手法で幅広いアイテムを彩る。  

AW23 PRE STRIPE_4x58.jpg
シンプルに見えるストライプも、実は現代の職人技により表現されたクラフツマンシップあふれるものだ。

イベント会場では、「シグネチャーストライプ」の過去と現在が見える、さまざまなインスタレーションが用意されている。アーカイブピースやデザイナー本人が登場する動画に加え、イギリス、アメリカを旅した「シグネチャーストライプ」の気球や「シグネチャーストライプ」を体感できるフォトブースなども設置。また、イベント会期中、ポール・スミスの公式Instagramアカウント(@paulsmithjapan)をフォローの上、会場内で撮影した写真に「#stripeunfolded」と「#paulsmithcampaign2023」の両方を付けて投稿した参加者の中から抽選で5名に、「シグネチャーストライプ」のアイテムを贈るハッシュタグキャンペーンも実施する。さらに、会場でLINEのアンケートに答えれば、オリジナルカップで堪能できるジェラートもプレゼント。

AW23 PRE STRIPE_4x59.jpg
イベントでは「シグネチャーストライプ」のアイテムやジェラートなど参加者へのプレゼントも盛りだくさん。

地下1階に併設のショップでは、会場先行発売となる数量限定エクスクルーシブアイテムに加え、「シグネチャーストライプ」があしらわれた2023年秋冬シーズンのメンズ、ウイメンズアイテムを多彩なラインアップで展開する。

ポール・スミス ストライプを紐解く ー STRIPE, UNFOLDED

会場: 東京都渋谷区神宮前6-14-5 バンク ギャラリー
期間: 10月5日~10月15日
開場時間:11時~20時(19時30分最終入場)
入場:無料

※10月5日のみ12時~20時(19時30分最終入場)
※10月15日は11時~16時(15時最終入場)
※来場予約は9月22日よりポール・スミス公式アカウントにて受付開始