燃えながら回転するUFOに話題騒然、米元大佐「エイリアンの可能性」と主張

  • 文:美矢川ゆき

Share:

  • Line
iStock-160137914.jpg
※画像はイメージです oorka-istock

2019年に撮影されたUFO映像が、再び話題だ。その映像は、UFOがキューバの首都ハバナ上空を飛行する様子を、地元住民が携帯電話で撮影したものだ。キューバ人ジャーナリストのJuan Manuel Cao氏が自身のAmericaTeVe Miamiチャンネルで共有し、ソーシャルメディアに再登場。英The Sunなどが、ニュースとして取り上げた。

Cao氏は番組内で「この映像は、空に見える“点”のようなUFOではなく、はっきりと見えます」と説明し、「空飛ぶ円盤に最も近い」と語った。元CIAのOctavio Pérez大佐が同番組に出演。この飛行物体が「反重力システムを使っている可能性」と「地球外生命体かエイリアンの技術を応用した偵察機である可能性」を示唆した。回転しながら燃えるこの飛行物体は、UFO愛好家に衝撃を与え、SNSで再拡散されている。

---fadeinPager---

燃え盛るスラスター、空中を回転し続ける

英Mirror紙は、「この映像には、1996年大ヒットSF映画『インデペンデンス・デイ』に登場する宇宙船を思わせるUFOが映っている」と伝える。

英THE SUN紙 は、赤く燃えるようなUFOは、数秒間うろうろした後、制御不能のまま空中を転がり始めた、と説明。燃え盛るスラスターのようなものは回転が止まず、火の玉に変化しているように見える。その後、炎が収まったと思いきや、ライン状のものが動画に映し出された、と描写した。スラスターとは、姿勢制御、軌道修正をする推進システムのことだ。

この動画は、アメリカでUFOの存在に関する声明や証言が相次いでいる中で公開された。

SNS上では、「今まで見たなかで最高の映像のひとつだ」「もしスラスターがあるなら、エイリアンの技術ではなく人間が作ったものだと思う」「燃えたドローンでは?」「同じようなUFOを見たことがある」「UFOのニュースはワクワクする」などさまざまなコメントがある。

---fadeinPager---

@TheSun - X

---fadeinPager---

UFO動画は43秒のところから。 @AmericaTeVe Miami - YouTube

---fadeinPager---

 

映画『インデペンデンス・デイ』 @20th Century Studios - YouTube