ジャズとヒップホップの旗手たちによる、新時代の扉を開く自由な試み

  • 文:山澤健治(エディター)

Share:

【Penが選んだ、今月の音楽】
『エニグマティック・ソサエティ』

03_DinnerPartyArt.jpg
ディナー・パーティー ウルトラ・ヴァイヴ EREJ953 ¥2,640

ロバート・グラスパー、テラス・マーティン、カマシ・ワシントン。新世代ジャズの重要人物3名がヒップホップ・プロデューサーのナインス・ワンダーと合体したスーパー・ユニットのセカンド。前作同様、歌もの中心のメロウで心地よいヒップホップ/R&Bを聴かせつつ、トラック面ではホール&オーツやエムトゥーメイなど大ネタ使いのサンプリングにも挑んだ進化盤。フェリックスやアリン・レイ、アント・クレモンズら才気あふれる若手シンガーのフックアップも抜かりなし。自由で新しいジャズの扉がまた開かれた。

※この記事はPen 2023年9月号より再編集した記事です。