沖縄の離島8島の黒糖を詰め込んだ、渾身のジャパニーズラムが誕生

  • 文:柳澤奈々

Share:

unnamed.jpg
ONERUM(ワンラム)の渾身のラム「THE OKINAWA ISLANDS RUM」が誕生。720ml ¥2,920(税込)

沖縄の瑞穂酒造が主宰する、さとうきびを主原料としたラムを作るプロジェクトチーム、ONERUM(ワンラム)が、沖縄の離島8島(粟国島、伊江島、伊平屋島、西表島、小浜島、多良間島、波照間島、与那国島)の黒糖を使用したラム「THE OKINAWA ISLANDS RUM(ザ オキナワ アイランズ ラム)」を8月8日に発売する。

2020年11月に始動したワンラムでは、離島8島でつくられている黒糖を使用し、それぞれの風土や生産方法の違いから生まれる個性を引き出した島ごとのラム「Single Island Series(シングルアイランドシリーズ)」を展開してきた。

今回の「THE OKINAWA ISLANDS RUM」は、これまでの研究の成果をもとに、離島8島の黒糖の魅力を詰め込んだ新シリーズ「Blended Islands Series(ブレンデッドアイランズシリーズ)」の第1弾。

テイストは青りんごやマスカット、搾りたてのさとうきびジュース、はちみつのような爽やかで清涼感のある香りで、ココナツのようなトロピカルでクリーミーな印象と、和菓子を思わせる甘く香ばしい風味が特徴。飲んで味わうだけでなく、和洋問わずスイーツづくりにも相性ピッタリだ。

瑞穂酒造

TEL:03-5414-6405
mizuhoshuzo.co.jp