「クールだと思う」 本物そっくりのスーツで犬になりきる日本人に世界が注目

  • 文:佐藤まきこ

Share:

犬になって外を歩きたい。小学校の卒業文集にそう書いたある男性は、ついにその夢を実現した。一見すると、コリーそのものに見える犬の中には、日本人の男性が入っている。

動物になりたい(I want to be an animal)

---fadeinPager---

犬になるスーツをオーダーメイド

彼のYouTubeチャンネルのタイトルは「動物になりたい」。プロフィール欄には、「動物になりたくて、コリーになってしまいました……!」と書かれている。トコ(toco)と名乗るこの人物こそが、小さい頃から思い描いていた動物になるという夢を叶えた本人だ。

細面のすっとした顔につぶらな黒い瞳、フサフサの美しい長い毛。人間だと言われなければ、本物のコリーと思ってしまう人もいるかもしれない。彼は、この本物そっくりの犬の衣装をオーダーメイドでつくったという。

制作を請け負った会社のウェブサイトには、「犬の造型スーツを制作しました」と書かれ、制作期間は40日間、費用は200万円以上と明記されている。その内容によると、四足歩行の犬と人間とでは骨格が違うことから、スーツで犬を再現するのはかなりの困難だったそうだ。しかし、「自分の意向を最大限汲んで、難しい要望にもこたえていただけた。非常に素晴らしい完成度で、大変満足している」と、彼の感想が掲載されている。

---fadeinPager---

初めて外出してみると…

理想の犬のスーツが出来上がり、着用した姿を初めてSNSで披露したのは2022年4月のこと。お座りしたり、横たわったりする様子を撮影している。その後も、たびたびSNSを更新。犬になった動画や写真を投稿してきた男性だが、先日ついに外出したのだ。

本物の犬さながらに、リードをつけて近所を散歩。さらにドイツのテレビ局の取材を受け、レポーターと思われる女性と一緒に街を歩いたのだ。散歩中の本物の犬がしっぽを振りながら近寄ってきたり、トコさんと一緒に記念写真を撮る人もいるなど、街中での反響もあった。

動画には世界中からコメントが寄せられており、「とてもリアルな衣装だ!」「衣装なしの彼も見たい」「もしあなたがこれで幸せで、悪いことをしていないなら、クールだと思う!」などの声がある。一方で、「これはクレイジーではないが、さらにクレイジーなことの始まりだ」「これまで見た中で最も奇妙だ」と、驚きのコメントを残している人もいる。

ちなみに、トコさんの家族や友だちは、トコさんが犬になったことを知り、とても驚いたそうだ。しかし、それ以外の同僚などには犬になったことは明かしていないという。

【出典】
https://twitter.com/toco_eevee
https://www.instagram.com/toco.ev/
https://www.youtube.com/@I_want_to_be_an_animal/
https://nypost.com/2023/07/28/toco-the-human-border-collie-steps-out-for-first-ever-walk-in-public/
https://www.zeppet.com/ja/

 ---fadeinPager--- 

リアルな犬の着ぐるみを見た、犬と人々の反応!

---fadeinPager--- 

なぜ、犬になろうと思ったのか 質問に答えます!【着ぐるみ】

---fadeinPager---  

【着ぐるみ】犬になって外をお散歩してみた!

---fadeinPager---

【着ぐるみ】犬になったからには、ドックフードを食べてみたい!?