こんな映像表現があったとは…ラスベガスの街角に世界最大の球体LEDスクリーンが誕生、驚異の立体感で魅せる

  • 文:青葉やまと

Share:

 

スクリーンショット 2023-07-19 11.09.44.png
FOX5 Las Vegas-YouTube

世界中から訪れる観光客たちを魅了するラスベガス。その一角に、新たな名所が誕生した。巨大な球体「MSG Sphere(MSGスフィア)」のLEDスクリーンだ。その高さは366フィート(約112m)に達し、およそ30階建てのビルに相当する。5万㎡を超える球体表面のほぼ全域がLEDで覆われており、平面のものも含めて世界最大のLEDスクリーンの誕生となった。

消灯時は黒光りする球体であり、ユニークな意匠のビルが立ち並ぶラスベガスにおいてさほど目立つことはない。だが、ひとたびLEDが点灯すると、超高輝度のLEDと完全な球形ディスプレイというめずらしい造りを活かした、かつてない映像体験で人々の目を奪う。

---fadeinPager---

ラスベガスの街に地球が降り立った

MSG SphereのLEDスクリーンは7月4日、アメリカ独立記念日にあわせて稼働を開始した。夜を待ってのデビューとなったSphereは、メインストリートのラスベガス・ストリップから1本入った角地に所在。点灯前は闇夜に溶け込んでおり、その存在は暗い球形としてかろうじて認識できる程度だ。

点灯の瞬間を迎えるとSpheerは、幾何学模様を背景に「hello world(世界の皆さん、こんにちは)」のメッセージを表示。白からピンクへのシンプルなグラデーションで控えめなオープニングを飾ったあとは、球体をフルに使った高解像度の美麗映像を次々に繰り出し、人々を驚かせた。

その映像表現は多彩だ。Sphere全体が地球と化す一幕では、まるで地球のリアルタイム映像を見ているかのような迫力の姿を披露している。地球の自転を再現するかのように、昼の地域と夜の地域がゆっくりと変化。ヨーロッパ地域が夜に入ると、地球儀のようなイラスト調の大陸が闇に呑まれ、都市の灯火が輝くリアルな地球の夜景が顔を覗かせる。

あえて消灯した姿は格別にリアル

別のシーンではLEDの大部分が消灯し、浮遊する未知の球体のような姿に。一部にさざめく光の波を投影すると、まるで周囲の夜景を映し込みながら黒い球が躍動しているかのような錯覚を覚える。SF映画に登場するミステリアスな物体を彷彿とする。

また、クレーターの陰影まで幻想的に再現した月の映像に切り替わると、空から降り立った月がそこに転がっているかのような情景に。周囲の建物のシルエットとあわせ、幻想的な情景を織りなしている。

米ABCニュースが映像を公開すると、視聴者は「これまでで最も未来的な建造物だ。美しい!」「個人的には、今まで見た人工物のなかでも最も美しい部類に入ると思う。とても素晴らしい!」などのコメントを寄せている。

---fadeinPager---

米報道も絶賛「気が遠くなるほど美しい」

そのほかの映像パターンとして、インパクト絶大のぎょろりと動く目玉に、特大サイズのバスケットボール、そして夜空に咲く花火など、球体の形状を遺憾なく発揮した未知の映像体験で道行く人々を魅了している。

前代未聞のインパクト溢れる映像美を、現地メディアや海外紙が取り上げている。FOXニュース系列のラスベガス局・FOX5は、MSG Sphereが「気が遠くなるほど美しいデビュー」を飾ったと報道。球体の構造物としてもLEDディスプレイとしても、世界最大であると紹介した。

米CBS系列の8ニュース・ナウ・ラスベガスは、「『息を呑む』以外に、表現方法が見当たらない」と紹介。通行人やドライバーが夢中になって眺めるあまり、混雑や渋滞が生じて問題になっているほどだと報じている。

内部はコンサートホール兼シアターに

人々が息を呑むLEDディスプレイは、MSG Sphereの一部にすぎない。その実体はむしろ、球体内部に設けられる2万人収容のコンサートホールとシアターだ。

建築メディアのB1Mによると、内部にも大規模な曲面LEDスクリーンが設けられ、観客席上方の天球全体を覆う。上演される舞台では、ステージの背景から天空まで連続した映像表現が可能となる。その解像度は1万9000×1万3500ピクセルに達し、パソコン用モニタによく使われるフルHD規格の120倍超の画素数に相当する。

建設は5年前の2018年に着工した。屋根の荷重だけで1万1000トンに及び、これを支えるために9500トンの鉄筋を使用した4本のコンクリート柱を建造。支柱間の距離が非常に長いことから、世界で4番目に巨大なクレーン車をベルギーからラスベガスに輸送し対応している。

目下内部の建設工事が進んでおり、今秋9月29日にU2が予定している「UV Achtung Baby Live」ライブイベントがこけら落としとなる。

---fadeinPager---

 

迫力の姿!Sphere全体が地球と化す一幕。

 

「気が遠くなるほど美しいデビュー」を飾ったとする報道。

---fadeinPager---

 

「『息を呑む』以外に、表現方法が見当たらない」と紹介する動画。

建築メディアのB1Mによる動画。