今年も開催中!テニス・ ウィンブルドン選手権、観戦に訪れた豪華すぎるセレブたちの顔ぶれ

  • 文:さかいもゆる

Share:

現地時間7月3日からロンドンで開催されている、テニスの世界4大大会であるグランドスラムのひとつ、ウィンブルドン選手権 2023。今年もさまざまなセレブたちがVIPシートで試合を観戦。その豪華な顔ぶれが、連日、ウィンブルドン公式インスタグラムで紹介されている。

ウィンブルドンの元王者、引退したフェデラー選手とのツーショットを撮っていたのはデヴィッド・ベッカム。ふたりとも元アスリートだけに、見事な体格でスーツを着こなしている。

---fadeinPager---

ベッカムは、11日に男子シングルス準々決勝に勝利した、ノヴァク・ジョコビッチ選手とのツーショットも披露。ロイヤルボックス席には、もちろん、全英ラケットテニス協会のパトロンである、キャサリン皇太子妃の姿も。

---fadeinPager---

UKラッパーのスケプタ、モデルのカーラ・デルヴィーニュ、女優のシエナ・ミラー、俳優のトム・ヒドルストン。そして“リアクション王”とSNSで話題を集めたのは、エマ・コリン。Netflixドラマ『ザ・クラウン』でダイアナ妃役を演じたエマは、応援していた選手のプレーに一喜一憂。その感情豊かな表情とリアクションで、観客席の誰よりもイキイキと試合を観戦していた。

 

ウィンブルドンは16日まで開催中。試合ももちろんのこと、時折TVカメラに抜かれる、セレブたちの表情からも目が離せない。

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---