自力で歩き、つかむ人型ロボット「テスラ・ボット」とは? 最新動画が到着

  • 文:designboom

Share:

スクリーンショット 2023-06-19 20.01.52.png

ゆっくりと歩き、タスクをこなすテスラ・ボット

イーロン・マスク氏は2021年8月、テスラ社のイベント「AIデー」で初めて、人型ロボット「テスラ・ボット」の開発に取り組んでいることを発表した。

それからほぼ1年後、テキサス州で開かれたイベント「サイバー・ロデオ」で、マスク氏は、このロボットについて改めて触れ、「オプティマス・サブプライム」と呼ぶとともに、このプロジェクトにいかに注力しているかを強調した。その場でマスク氏は、2023年までに製造の準備を整えると断言した。

2023年を迎えたが、テスラ・ボット製造の準備は整っていないようだ。ただし、最新情報から、大きな進展があったことが分かった。新たな動画によると、ロボットは、躯体を持ち、歩き、これまで以上に複雑な作業を自力でこなせるようになっている。

---fadeinPager---

人の動きをまねて効果的にAIをトレーニング

この動画は2023年5月16日、マスク氏が、テスラ社の年次株主総会で公開したもので、テスラ・ボット計画が進んでいることを示している。躯体はすでに出来上がり、歩き方はゆっくりだが、以前公開されたものと比較して安定している。さらに新たな能力を披露し、物を拾い上げたり、認識したりできるようになっている。

動画では、テスラ・ボット計画が大きく進展していることが示され、重大な最新情報が盛り込まれた。モーター・トルク制御、強化された環境認識・記録、人の動きをまねるAIトレーニング、物の扱いの向上などだ。

特に動画では、テスラ・ボットが、ある容器から物を取り上げ、別の容器に移す映像が映し出されており、人の行動からAIが学習するプロセスが具体的に示されている。 

---fadeinPager---

 

---fadeinPager---

スクリーンショット 2023-06-19 20.02.14.png
ロボットが歩く新たな動画の一部|すべての画像提供:テスラ

---fadeinPager---

スクリーンショット 2023-06-19 20.02.20.png
物を別の容器に移すロボット

---fadeinPager---

スクリーンショット 2023-06-19 20.02.28.png
自力で、これまでより安定した歩きをするロボット

---fadeinPager---

---fadeinPager---

プロジェクト情報:

名称:テスラ・ボット

企業名:テスラ

関連記事

※この記事はdesignboomからの転載です。

2fab3d05356915b76e1243c2181c06c8885faa92.jpeg