「ドレスコード違反にならないの?」カニエ・ウェストとデートを楽しんだ妻の装いが話題に

  • 文:千歳香奈子

Share:

 

スクリーンショット 2023-06-18 21.50.46.png
the.real.bianca.censori-Instagram

お騒がせラッパーのイェことカニエ・ウェストと今年1月に再婚したとされる妻で建築デザイナーのビアンカ・センソリが、Tシャツの下は薄手のタイツ以外下着も身に着けていないファッションでロサンゼルスのケンタッキーフライドチキンに出かける姿がパパラッチされ、話題を集めている。靴さえも履いておらず、「ドレスコード違反にならないの?」との心配をよそに、2人は店内で30分間ランチデートを楽しんだという。

カニエは、最近お気に入りの肩パットが入ったヴェトモンの「Polizei」のロゴがプリントされた黒いTシャツにソックスシューズを合わせた定番スタイル。一方のビアンカは、身体にフィットするタイトな黒のTシャツに黒いシースルーのタイツを合わせた姿を披露し、ネットでは「気持ち悪い」「気の毒な女性」と批判的なコメントが寄せられている。

2人はその後、衣装チェンジをして今度は観光地「サンタモニカ・ピア」にある海が一望できる人気レストランに出没。大勢の観光客で賑わう名所で、グレーのレギンスに背中は紐だけで肩から腰まで開いたトップスを合わせたビアンカが、人目もはばからずカニエと身体を寄せ合う姿がキャッチされ、こちらも話題を呼んでいる。

---fadeinPager---

超独特なセンスの持ち主

ビアンアの斬新なファッションが話題になるのは、これが初めてではない。全身をストッキングのようなシアーな生地で覆い、首の周りにまるで「タイヤ」や「ランプの笠」のようだと揶揄された大きな輪が付いた黒いドレス姿を披露するなど、超独特なセンスの持ち主として知られる。

5月にはファッションブランド「Mowalola」のインスタグラムで太ももまであるロングブーツ以外はバストと股間部分に黒いテープを貼っただけの衝撃的なセクシー姿も披露し、世間をざわつかせている。

---fadeinPager---

カニエは誕生日を女体盛りで祝って物議を醸す

カニエは6月10日に迎えた46歳の誕生日を女体盛りで祝ったことで、「女性軽視」と批判を浴びている。ビキニ上下を身に着けてテーブルの上に横たわる女性の身体の上に寿司が盛り付けられた写真や動画がネットで拡散され、離婚したキム・カーダシアンとの間の娘ノースの姿も映っていたことから、親としての責任を問う声まで出ていた。一方で、そのパーティーでは、ビアンカとノースが仲良く手をつないで歩く姿が目撃されたことも注目されている。

---fadeinPager---

Tシャツの下は薄いタイツだけという奇抜なファッションでKFCに出かけたビアンカとカニエ

---fadeinPager---

サンタモニカの観光地にあるレストランでいちゃつくカニエとビアンカ。

---fadeinPager---

奇抜なスタイルを披露するビアンカ。

---fadeinPager---

レギンスとスポーツブラでレストランに出かけたビアンカとカニエ

---fadeinPager---

---fadeinPager---

キムの娘ノースと手をつないで歩くビアンカ

---fadeinPager---

バストと股間に黒いテープを貼っただけのファッションを披露したビアンカ

---fadeinPager---

46歳の誕生日を女体盛りで祝ったカニエに批判が殺到。

---fadeinPager---

カニエの誕生日会で女体盛りを前に舌を出すノースのリアクションも話題に