クリッシー・テイゲン、母乳コレクターを使用する授乳姿を披露して話題

  • 文:千歳香奈子

Share:

 

スクリーンショット 2023-05-26 12.38.27.png
chrissyteigen-Instagram

流産を乗り越えて今年1月に第3子となる次女エスティ・マキシン・スティーブンスちゃんを出産したクリッシー・テイゲンが、授乳する姿をインスタグラムに公開して反響を呼んでいる。

夫ジョン・レジェンドとの間にすでに6歳の長女ルナちゃんと4歳の長男マイルズ君を授かっているクリッシーは、ソファに座って生後4ヵ月のエスティちゃんに母乳を与えるママの姿を投稿。そこには、「母乳を一滴も残さず保存したいママたちに、母乳パットの代替品として完璧よ」とのコメントとともに、授乳する反対側の胸に母乳コレクターが写っている。ニュージーランド発のブランド「ハカ」のシリコン母乳コレクターを紹介したクリッシーの投稿には、「友だちにも教えたい」「私が子育てしていた時代にもあれば良かったのに」とたくさんのコメントが寄せられている。

「包み隠さず見せてくれてありがとう」と授乳シーンを公開したことに称賛の声もある一方、2021年に過去のいじめが告発されてネットを炎上させたクリッシーだけに、アンチからは「母親はみんな同じことを経験しているのに、なぜこれを見せる必要があるのか理解できない」「世界にではなく、友人だけに共有しなよ」「私たち、これ見る必要あるの?」と批判的なコメントも寄せられている。

---fadeinPager---

母乳育児ができなかった過去も

マイルズ君が生まれた時には授乳シーンをパパラッチされたこともあるクリッシーは、2020年に母乳育児ができずに劣等感を感じた過去を赤裸々に告白している。「母乳育児が当たり前だという考えは素晴らしいこと」と前置きした上で、自身は産後うつの影響で粉ミルクに頼らざるを得なかったと明かし、「母乳をあげられないことで自分を恥じた」とツイート。同じような悩みを持つ世界中の母親たちの共感を得ていた。

---fadeinPager---

母乳のシミも隠さず産後の現実も公開

妊娠や子育てなど等身大の姿を包み隠さず発信し、女性ファンの共感を得てきたクリッシー。エスティちゃんを出産したばかりの頃には、黒のストリップドレスの胸の部分に母乳が漏れ出ていると思われるシミがついた写真も投稿している。帝王切開した部分にも汚れがあり、「傷に包帯を巻いている」と綴り、産後の様子をシェア。

SNSのこうした投稿で賛否を呼ぶクリッシーだが、モデルだけでなく、料理本の出版からテレビ番組の司会、キッチン用品などを取り扱うブランドまでマルチな活躍で、公私共に充実した日々を送っている。

---fadeinPager---

 

スクリーンショット 2023-05-26 12.41.57.png
授乳姿を公開した投稿。chrissyteigen-Instagram

---fadeinPager---

 

スクリーンショット 2023-05-26 12.43.02.png
入浴シーン。  chrissyteigen-Instagram

---fadeinPager---

 

スクリーンショット 2023-05-26 12.44.34.png
母乳のシミが見えるドレス姿。chrissyteigen-Instagram

---fadeinPager---

 

スクリーンショット 2023-05-26 12.45.48.png
搾乳するシーン。chrissyteigen-Instagram

---fadeinPager---

 

スクリーンショット 2023-05-26 12.46.48.png
一家5人の写真。chrissyteigen-Instagram

関連記事