LVMH メティエ ダール、日本初のパートナーシップを締結! 最高品質のデニムメーカー・クロキと共鳴

  • 文:Pen編集部

Share:

LVMH メティエ ダールは、高品質デニム素材や製品を生産するクロキ株式会社と日本初のパートナーシップを締結した。

-R3-4503.JPG
(左から)クロキ株式会社代表取締役社長・黒木立志、LVMH メティエ ダールCEO・マッテオ・デ・ローサ

---fadeinPager---

LVMHグループによって2015年に設立されたLVMH メティエ ダールは、こだわり抜いた最高品質の素材の確保とともに、ラグジュアリー製品に欠かせない優れた技術の継承・発展を目指し、世界的なプレーヤーとの提携や投資を行ってきた。牧畜をはじめ、なめし加工、金属加工、繊維やファブリック生産などで国際的なネットワークを形成している。

このLVMH メティエ ダールと日本で初めてパートナーシップを締結したクロキ。1950年に岡山県で創業して以来、日本のデニムの品質向上と産業発展の牽引役として、最水準のデニムをつくり続けてきた。

それぞれのクラフトマンシップが共鳴し、実現した今回のパートナーシップ。デニム生産全体の活性化と発展、より高品質の素材づくりを目指すことはもちろん、クロキにとっては今後、LVMHグループに所属するブランドとの関係強化や他のマニファクチャー、職人たちとの交流によって、多様な可能性が広がるはずだ。