「油を頭に注いで…」ハリー&メーガンは参列? 5月に行われるチャールズ3世の戴冠式、その興味深いプロセスとは?

  • 文:宮田華子

Share:

@theroyalfamily – instagramのキャプチャ画像

イギリス国王チャールズ3世の戴冠式は、2023年5月6日(土)にロンドンのウェストミンスター寺院で行われる予定だ。

twitter1_JPG.jpg
戴冠式のエンブレム。@RoyalFamily – Twitterのキャプチャ画像

---fadeinPager---

「戴冠」と「即位」の違いとは?

戴冠式(Coronation)とは文字通り「国王が即位後初めて王冠を頭に載せる儀式」を指す。

「戴冠」と「即位」は混同されがちだが、戴冠式は「即位」するために必要な儀式ではない。というのも、2022年9月8日、エリザベス女王が死去した瞬間にチャールズ3世は「国王」に即位しているからだ。9月10日には王位継承評議会が正式にチャールズ3世の即位を布告している。

即位の宣言の模様は、史上初めてテレビ中継された。

戴冠式とは通常即位後に行われ、王位の称号と権限の移譲を示す儀式である。イギリスの場合、戴冠式は「君主の頭に冠を載せる」という象徴的な行為を行うだけでなく、イングランド国教会の首長としての役割を示す「宗教的儀式」でもある。

---fadeinPager---

戴冠式のプロセス

戴冠式は1066年のハロルド2世の戴冠式以来、ウェストミンスター寺院で行われている。イングランド国教会の最高指導者であるカンタベリー大主教が司式を務めるのも伝統だ。

twitter2_JPG.jpg
荘厳なゴシック建築で知られるウェストミンスター寺院。@wabbey – Twitterのキャプチャ画像

故エリザベス女王の在位期間は70年7カ月間と長く、ほとんどの人にとってリアルタイムで戴冠式を見るのは初めてのこと。イギリス人であっても戴冠式について多くを知る人は少ない。

では実際に戴冠式ではどんなことが行われるのだろうか?

BBCオンライン版によると、戴冠式は下記のプロセスで行われる。

---fadeinPager---

■承認(The Recognition)
700年の歴史を持つ戴冠式用椅子の横に国王が立ち、カンタベリー大主教(現大主教はジャスティン・ウェルビー氏)によって寺院に集まった人たち(会衆)に紹介される。会衆は「神よ、王を守りたまえ!」と叫び、トランペットが鳴り響く。

修復が進む戴冠式用椅子。

---fadeinPager---

■宣誓(The Oath)

国王が法律とイングランド国教会を支持することを誓う。


■塗油(The Anointing)
国王が儀礼用の衣を脱ぎ、戴冠式用の椅子に座る。椅子には金の布がかけられ、国王が見えないようにされる。カンタベリー大主教が、秘密のレシピで作られた聖油を、王の手、胸、頭に注ぐ。(今回使用するチャールズ3世のために作られたオイルは、動物由来の成分を一切含んでいない)

---fadeinPager---
■任命(The Investiture)
宗教的・道徳的権威を表す「ロイヤルオーブ(宝珠)」や正義と慈悲の象徴である白いエナメルの鳩を乗せた金の棒「ソブリンズ・セプター(王笏)」等が国王に贈られる。最後に、大主教が国王の頭に聖エドワード王冠を載せる。

Twitter3_JPG.jpg
聖エドワード王冠。@RoyalFamily – Twitterのキャプチャ画像

---fadeinPager---

■即位と忠誠の宣誓(The Enthronement and Homage)
国王が戴冠式用の椅子から離れ、玉座に移動する。貴族たちが君主の前にひざまずいて敬意を表する。(Good Housekeepingの報道によると、チャールズ3世は王家の公爵たちが自分の前にひざまずくしきたりは今回行わないと決めた様子とのこと)


■王妃の戴冠(The Crowning of the Queen)
クイーンコンソート(王妃)として、カミラ・パーカー=ボウルズも戴冠する(予定)。今回の王妃の戴冠には、1911年にジョージ5世とともに戴冠したメアリー女王の冠が使われると言われている。

---fadeinPager---

insta1.jpg
笑顔で公務をこなす姿が評価され、ここ数年グンと好感度があがっているカミラ妃。@sussexroyal – instagramのキャプチャ画像

詳細がまた明るみになっていないこともあるが、戴冠式は厳か、かつ華やかなものになると予想される。

しかし今回の式に際し、「ハリー王子&メーガン妃が式に参列するのか?」等々、ゴシップも同時進行しているのはご存知の通り。

---fadeinPager---

insta2.jpg
招待はされているけれど…のハリー王子&メーガン妃。子どもたちも招待されているかについては、バッキンガム宮殿側は明かしていない。@sussexroyal – instagramのキャプチャ画像

戴冠式当日まで、ロイヤルウォッチャーにとっては目が離せない日々が続くだろう。

---fadeinPager---

動画で見る「戴冠式」

1953年に行われた故エリザベス女王の戴冠式の模様が見られる動画。

---fadeinPager---

 

 

関連記事

---fadeinPager---

twitter1_JPG.jpg
https://twitter.com/RoyalFamily/status/1624182545846874112
戴冠式のエンブレム。@RoyalFamily – Twitterのキャプチャ画像

 ---fadeinPager---

「戴冠」と「即位」の違いとは?

即位の宣言の模様は、史上初めてテレビ中継された。

---fadeinPager---

戴冠式のプロセス

twitter2_JPG.jpg
荘厳なゴシック建築で知られるウェストミンスター寺院。@wabbey – Twitterのキャプチャ画像

---fadeinPager---

修復が進む戴冠式用椅子。

 

---fadeinPager---

Twitter3_JPG.jpg
https://twitter.com/RoyalFamily/status/1599163433714257920
聖エドワード王冠。@RoyalFamily – Twitterのキャプチャ画像

---fadeinPager---

insta1.jpg
笑顔で公務をこなす姿が評価され、ここ数年グンと好感度があがっているカミラ妃。@sussexroyal – instagramのキャプチャ画像

---fadeinPager---

insta2.jpg
招待はされているけれど…のハリー王子&メーガン妃。子供たちも招待されているかについては、バッキンガム宮殿側は明かしていない。@sussexroyal – instagramのキャプチャ画像

---fadeinPager---

動画で見る「戴冠式」

1953年に行われた故エリザベス女王の戴冠式の模様が見られる動画。

---fadeinPager---