コロナ後の“海外旅行需要”回復で日本が旅先として注目 米メディアが勧める国内スポットは?

  • 文:安部かすみ

Share:

 

iStock-814269004.jpg
istock

昨年、日本は水際対策を緩和して以来、外国人観光客が前の年の15倍以上に急回復したことが報じられている。

大の日本文化好きで知られる筆者のニューヨークの友人も、4月の日本旅行を楽しみにしている1人。この友人はこれまで毎年のように日本を旅していたが、コロナ禍以降外国人が日本に入国できなくなり、以来日本を訪れていない。最後に訪れたのは2019年だから、4年ぶりの日本上陸となる。東京と京都で日本の友人と会い、さらにサポートのために東北にも行くんだと意気揚々に計画中だ。

そんな鼻息が荒い(?)のは友人だけではない。CNNなどアメリカのメディアでも、日本を訪れる観光客の増加がニュースになっている。

特に日本旅行は、新婚カップの間でも注目が高まっているという。ニューヨークのローカル紙は今月21日付で「日本が新婚旅行の人気スポットになりつつある理由」という記事を発信。「アメリカ人旅行客にとって、海外旅行の検索でもっとも多いのが日本であることは疑いの余地はない。4月は桜の季節だから需要はなおさら。そんな美しい季節の旅はハネムーンにもってこい」と推薦している。

---fadeinPager---

以下、記事からお勧めスポットを抜粋する。

■パーク ハイアット 東京(東京・新宿)

「ソフィア・コッポラ監督の映画『ロスト・イン・トランスレーション』(2003年)の世界を楽しみたいカップルは、賑やかなこのホテルにチェックインしたくなるだろう」

■トランクハウス(東京・神楽坂)

「少し変わった体験をしたいなら。元芸者ハウスでレジデンシャルな雰囲気だが、アメニティは高級ホテル並み」(編注:アメリカのホテルはアメニティの充実度が劣るため、日本のホテルのアメニティの充実度に驚く)

トランクハウスの部屋の様子

---fadeinPager---

外国人から見て「日本の美しさ」に魅せられるシーンは、このような華美ではない控えめなものだ。

---fadeinPager---

●星野リゾート 界 由布院

隈研吾建築都市設計事務所が設計・デザインを担当し、昨年九州に開業したばかり。「全国に約2万5000の温泉源、約3000の温泉施設があるのも見逃せない」とし、「敷地内に複数の内湯と露天風呂があり、「新婚夫婦は専用風呂を備えた個室が気に入るだろう」

---fadeinPager---

■蒸し暑い雰囲気のジャズラウンジとウイスキー

(編注:日本産ウイスキーは酒同様に海外で高く評価されている)

■手作りパン屋さん

(編注:日本のパン屋さんはアメリカ人が驚くほど本格的でおいしくお洒落だと言われている)

イギリスの旅行運営企業、オードリートラベルも「白い砂浜でリラックスしたい旅行以外であれば、訪問者に永続的な印象を残す魔法の魅力があるこの国が良い」と、日本をオススメのハネムーン先としてお勧めしている。体験としては「伝統的でサービスに非の打ち所がない旅館体験、懐石料理と温泉を堪能し、書道、茶道、着付けなどの伝統文化を学ぶのがよい」としている。

以上、米メディアが紹介するお勧めリストは、海外の人のみならず日本人にとってのハネムーン先やデートとしても魅力的なところばかりだ。今春、特に桜が咲き乱れる時期は、アメリカのみならず世界中から訪日旅行客(そして新婚カップルも!)が久しぶりの日本体験をする姿を多く目にすることだろう。

 

関連記事

---fadeinPager---

【画像】コロナ後の海外旅行需要の回復で日本が旅先として注目…特にお勧めされる国内スポットは?

iStock-814269004.jpg
istock

---fadeinPager---

以下、記事からのおすすめスポット抜粋:

● 新宿のパーク ハイアット 東京

---fadeinPager---

●神楽坂のブティックホテル、トランクハウス

トランクハウスの部屋の様子

---fadeinPager---

外国人から見て「日本の美しさ」に魅せられるシーンは、このような華美ではない控えめなものだ。

---fadeinPager---

●星野リゾート 界 由布院

---fadeinPager---

●手作りパン屋さん(編注:日本のパン屋さんはアメリカ人が驚くほど本格的でおいしくお洒落)

---fadeinPager---