【宿泊プレゼントあり】琳派発祥の地に誕生した「ロク キョウト LXRホテルズ&リゾーツ」で伝統工芸や非日常感に浸る

  • 文:小長谷奈都子
  • 写真:内藤貞保

Share:

コロナ禍で観光客が減少する一方で、実はホテルのオープンラッシュに沸いている京都の街。それぞれが独自のスタイルを打ち出すなか、特に注目したいのが建築と美食だ。今回は、豊かな自然に囲まれ、古くから芸術家たちに愛された洛北鷹峯に位置する「ロク キョウト LXRホテルズ&リゾーツ」を紹介する。

そして、記事の最後にはこちらのホテルの宿泊券のプレゼント企画もご用意。心地よいおもてなしが待つホテルステイを、この機会にぜひ体験してみてほしい。

ROKU KYOTO_0597.JPG
隣接する「しょうざんリゾート京都」から湧き出る天然温泉を用いた、京都では唯一の屋外サーマルプール。水温を調節し、通年利用できる。目の前には4室のみの「プールサイドデラックス」

京都市の中心地からクルマで30分ほどの鷹峯の麓は、江戸初期のマルチアーティスト、本阿弥光悦が芸術村を開いた琳派発祥の地。ここにヒルトングループの最上級ブランドのひとつ、LXRホテルズ&リゾーツの9軒目となる「ロク キョウト LXRホテルズ&リゾーツ」がオープンした。ホテル名は、鷹ヶ峰、鷲ケ峰、天ヶ峰の三座を総称した鷹峯三山の麓に位置することから「麓(ろく)」。そして、敷地内を流れる天神川は別名紙屋川とも呼ばれ、平安時代に川のほとりで紙を漉いた紙座があったことに由来することから「漉(ろく)」。鷹峯三山と天神川に囲まれた豊かな自然に抱かれるようなひと時を過ごしてほしいという思いが込められている。

クルマから降りると、まずは中央に水盤が設けられたオープンエアのアライバルエリアへ。開放的な空間で、一気にリゾート感溢れる非日常の世界へと誘われる。チェックインは右手のレセプション棟で。ここでは京都の漆工房「表望堂」が手がけた漆のアートパネルが目を引く。ホテル内は空間ごとに、アライバルエリアは漆、客室は唐紙、レストランは竹、スパは陶器と、アートテーマが設けられ、京都の伝統や技術が散りばめられているのだ。インテリアデザインを手がけたのは、アジアを拠点とし、世界有数のリゾート地でラグジュアリーホテルの実績を数多く持つBLINK Design Groupで、本阿弥光悦の芸術村から着想を得た「アーティスト レジデンス」をコンセプトに掲げている。

ROKU KYOTO_0234.JPG
アライバルエリアのレセプション棟。弁柄色、赤錆色など11色の色合いの異なる漆パネルを連ねたアートパネルや風神雷神をテーマにしたアートパネルが壁を飾る。

ROKU KYOTO_0476.JPG
レセプション棟と対象的に立つ「ティーハウス」。宿泊客が自由にお茶を飲んだり、寛いだりできるスペース。

---fadeinPager---

回廊を進んでいくと、目の前に現れるのは周囲の自然を写し込んだ大きな水盤。浮島にはホテルのシンボルツリーである北山杉が植えられている。この水盤を取り囲むように、アライバルエリア、宿泊棟、レストラン棟が立つ。暮れなずむ夕刻、ライトアップされて幻想的な美しさとなる夜、清々しさに満ちた朝と、移りゆく時間の中でさまざまな表情を映し出す水盤に、滞在中、思わず立ち止まって何度も見惚れてしまった。各棟には深い軒と回廊が設けられ、鷹峯三山の自然をそのまま取り入れたような中庭「鷹峯フォレスト」や水盤を眺めながら、散策できるのも心にくい設計だ。

ROKU KYOTO_0010.JPG
周囲の自然と一体化するような大きな水盤はホテルの“顔”。正面奥が「ティーハウス」、右手がレストラン棟。

ROKU KYOTO_0501.JPG
深い軒の下を歩きながら、京都に自生する植物を配した鷹ヶ峰三山の生態を模した中庭「鷹峯フォレスト」の景色を楽しみたい。

---fadeinPager---

11室の客室は、5タイプに分かれる。2〜3階に位置するスタンダードな「デラックス」、最上階4階に位置する「プレミアデラックス」、坪庭と天然温泉を楽しめる「ガーデンデラックス」、サーマルプールへ直接アクセスできる「プールサイドデラックス」、そして鷹ヶ峰の頂や山麓を見渡せる100㎡の「スイート」。天井から床までの大きな窓から四季折々の景色を楽しむか、坪庭を眺めながら天然温泉に癒されるか、京都唯一の屋外天然温泉プールへのアクセスを優先するか。どんな滞在を望むかで、部屋を選びたい。

ROKU KYOTO_0371.JPG
「ロク スイート」のリビングスペース。唐紙や西陣織といった京都の職人技を取り入れながら、モダンで洗練されたインテリア。テレビ下の壁紙にはホテルオリジナルの唐紙があしらわれている。

ROKU KYOTO_0405.JPG
「ロク スイート」のベッドルーム。窓際のデイベッドに寝転がったり、座ったりして、雄大な自然を眺めたい。

宿泊したのは「ガーデンデラックス」。1階に位置し、目隠しのために高めの塀があるので見晴らしは望めないが、部屋で好きな時に好きなだけ温泉に浸かれるなんて最高の休日だ。塀の先には山々や空が広がり、窓を開け放って湯船に浸かれば露天風呂のような趣も味わえる。パブリックエリアでは自然が目の前に広がる開放感に浸り、部屋ではプライベート感を満喫できるというコントラストもなかなかのもの。ガジェットやバスアメニティも楽しみのひとつだが、ワイヤレススピーカーは「バルミューダ」、バスアメニティは国内初採用というイギリスのナチュラルコスメブランド「VOTARY」、ドライヤーは髪や頭皮、肌までケアできるという「レプロナイザー」。ミニバーには有料で、アルコールと京都のお菓子のペアリングが用意されているのもユニークなサービス。ちなみに、スイートルームにはワインセラーが置かれ、好きなワインを持ち込んで楽しめるようになっている。

ROKU KYOTO_0263.JPG
「ロク スイート」の洗面台。バスルームは、スイートはホワイトで穏やかに、その他の客室はブラックでシックにまとめられている。

ROKU KYOTO_0303.JPG
ミニバーにはウォッカと金平糖、赤ワインとナッツ、ウィスキーとドライフルーツと、アルコールと京都のお菓子のペアリングが。ほかに京都のクラフトビールや谷井農園のフルーツジュースなども。

---fadeinPager---

天神川沿いに立つレストラン「テンジン」は、シェフズテーブル、オールデイダイニング、バーと3つのシーンに分かれている。「琳派リフレクション」をテーマとするシェフズテーブルでは、目の前で調理や盛り付けが行われる季節の特別メニューを用意。「芸術村として栄えた地だから、器や見せ方を工夫して楽しんでいただきたい」と総料理長の谷口彰シェフ。都内のラグジュアリーホテルで長年腕を磨いてきた実力派だ。

ROKU KYOTO_0118.JPG
レストラン「テンジン」のコの字型シェフズテーブルでもてなすのは、総料理長の谷口シェフ。

ROKU KYOTO_0021.JPG
「テンジン」の天神川に面したスペースには「エンガワ」やテラス席を用意。初夏には新緑や蛍、秋には紅葉がすぐ間近に。

江戸時代にホテル裏手の敷地にあった薬草園で採れた野菜を幕府に献上していた歴史から誕生した、季節の野菜やハーブ、花を美しく盛り付けたシグニチャーディッシュ「薬草園」など、独創性溢れる料理が目や舌を楽しませてくれる。夏は「祭り」をテーマに金魚すくいの趣向を取り入れたり、秋は「収穫」をテーマにゲストが自らきのこ狩りをするなど、遊び心に富んだ演出も。デザートはバーに移って、ソファでゆったりと寛ぎながらいただける。

ROKU KYOTO_0067.JPG
「収穫」がテーマの秋の特別コースでは、自分で収穫した椎茸が料理になって登場。ホタテと椎茸を刻んだものを詰めた椎茸に、コンテ・ド・モンターニュのスープをかけていただく「椎茸 コンテ・ド・モンターニュ」。料理はともにペアリングドリンクを含む¥35,420(税・サービス料込み)のコースの一例。

ROKU KYOTO_0092.JPG
七谷鴨のロースト、ネギのグリル、蕎麦の実に、ファアグラの香りをつけたコンソメスープをかけていただく「七谷鴨 南蛮 蕎麦」。

ROKU KYOTO_0139.JPG
「大人の社交場」がテーマのバーでは、夜はアルコールや軽食を中心に提供。

敷地の北側に位置するのは、天然温泉を使用した屋外サーマルプールや、フィットネス、トリートメントルームを備える「ザ ロク スパ」。敷地内を流れる天神川は、かつて朝廷の重要な祭儀にて身を清める水浴が行われていた場所だそう。その神聖な気を感じながらのスパ体験は、心身ともに安らぎをもたらし、滞在をより充実したものにしてくれる。

水盤に映る景色、館内に飾られたアートワーク、季節を映し出した料理、スタッフの行き届いたサービス……。滞在中のさまざまなシーンで、ハッとするような瞬間に出会える「ロク キョウト LXR ホテルズ&リゾーツ」。これから紅葉を迎えるシーズン。周辺の山々や敷地内の紅葉が色づき、ホテルにいながらもみじ狩りを楽しめるこちらへ、出かけてみてほしい。

ロク キョウト LXRホテルズ&リゾーツ

京都府京都市北区衣笠鏡石町44-1
TEL:075-320-0111
全114室
デラックス¥113,850〜 ロク スイート¥303,600〜(消費税・サービス料込、宿泊税・入湯税別)※朝食付き(1泊1室2名利用時)
www.rokukyoto.com

【ロク キョウト LXRホテルズ&リゾーツ プレゼント内容】
■タイプ:デラックス(1組2名、朝食付き)
■有効期間:2022年11月1日(火)~2023年4月30日(日)
※ただし、除外日あり。除外日についてはホテルへ直接お問い合わせください。

【応募要項】

●応募締め切り:2022年10月20日(木)23:59
●応募方法:下記応募フォームからお申し込みください。
https://bit.ly/3RGfAP4
※ご応募にはPen Membershipへの登録が必要です(登録無料)。

●当選発表:厳正なる抽選の上、2022年10月下旬頃までに弊社より当選者様に差し上げるメールをもって、発表に代えさせていただきます。

●ご応募は日本国内在住の成人の方に限らせていただきます。
●当選された場合、対象の部屋のご利用の権利は当選者様のみに付与されます。当選された権利の譲渡や換金はできません。
●施設設備などの詳細は施設のホームページでご確認ください。  
●各施設によって利用可能期間や食事有無等、諸条件が異なります。必ずご確認の上ご応募ください。
●新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う状況の変化により(政府の自粛要請など)、宿泊利用期間が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。変更が生じる際は、当選者様にメールにてご案内をお送りいたします。
●宿泊ご招待の利用方法など詳細は当選者様のみへご案内いたします。
●ご応募の際にいただいた個人情報は、抽選および弊社からの連絡の他、各種ご案内(イベント、刊行物、アンケートなど)をお送りする目的で使用する場合がございます。
●本プレゼントキャンペーンに応募された時点で、当サイトの定める個人情報保護方針に同意いただいたものとみなします。
●明記されていない飲食費や現地までの交通費などプレゼント内容に含まれないすべての実費は当選者様のご負担となります。
●登録・応募フォームへの記入に不備のある場合は、当選権利の無効・取り消しとなる場合がございますので、ご注意ください。
●各宿泊施設および弊社では、抽選結果に関する個別のお問い合わせにはお答えしかねます。
●ご応募の際にかかる通信料などは応募される方のご負担となります。

問い合わせ先:CCCメディアハウス マーケティング部
e-mail: webpresent@cccmh.co.jp

関連記事