フードエッセイスト平野紗季子が監修、グランドセイコーが「時」をテーマにした和菓子店を10日間限定オープン

  • 文:倉持佑次

Share:

セイコーウオッチが展開するグランドセイコーが、フードエッセイストの平野紗季子をクリエイティブ・ディレクターに起用し、和菓子店「Grand Seiko 和菓子屋 とき」をアンノン原宿に出店する。オープン期間は10月7日から16日までの十日間。全日14時〜16時の時間帯のみ予約制となり、グランドセイコーの公式LINEアカウントから申し込みを受け付けている。

「Grand Seiko 和菓子屋 とき」は「時を食(は)む。」をコンセプトに、グランドセイコーのブランドフィロソフィー「THE NATURE OF TIME」と「時」をテーマにしたオリジナルの和菓子を展開。和菓子の開発は、和菓子店「御菓子丸」の杉山早陽子と、茶寮「菓子屋ここのつ」の溝口実穂の菓子作家ふたりが担当する。杉山は、山葡萄の寒天とヨーグルトにカルダモンやレモンバーベナの風味を加えた淡雪(あわゆき)の二層で組み合わせた生菓子「一瞬 淡雪と山葡萄の寒天」、溝口は、ふわふわとした食感の自家製羽二重餅(はぶたえもち)を使用した水もち「一日 スパイス水もち」などのメニューをそれぞれ開発した。

一瞬 淡雪と山葡萄の寒天.jpg
「一瞬 淡雪と山葡萄の寒天」1セット(淡雪と山葡萄の寒天 二個)¥2,000
一分 陽の出の琥珀糖.jpg
「一分 陽の出の琥珀糖」1セット(陽の出の琥珀糖 五本)¥2,500

同店では、杉山が手がけた羊羹と金工の器のセット「永遠 丹波栗と山栗の羊羹と金工の器」や、溝口が手がけた最中と茶葉、ガラスの日本製茶器のセット「技巧 熟成栗の最中と茶器」も数量限定で販売。和菓子に加えて「THE NATURE OF TIME」を表現したインスタレーションと腕時計が展示され、空間全体を通してグランドセイコーの世界観を体験することができる。店舗の内観や和菓子のパッケージなどのアートディレクションは、アートディレクターの田部井美奈が担当した。

瞬間を刻む一秒一秒の精度を追求し続けてきたグランドセイコーによる「和菓子屋 とき」。甘味なるひと時を味わいに、ぜひ足を運んでみたい。

---fadeinPager---

一日 スパイス水もち.jpg
「一日 スパイス水もち」1セット(白あん・黒あん 二種セット)¥2,000

---fadeinPager---

一週間 和薔薇とレモングラスのぷるぷる.jpg
「一週間 和薔薇とレモングラスのぷるぷる」1セット(和薔薇のゼリー・ レモングラスのゼリー・和薔薇とレモングラスの二層のゼリー 三種セット)¥2,500

---fadeinPager---

永遠 丹波栗と山栗の羊羹と金工の器.jpg
「永遠 丹波栗と山栗の羊羹と金工の器」1セット(和菓子+器)¥55,000 ※10月8日(土)に20セット限定販売

---fadeinPager---

技巧 熟成栗の最中と茶器.jpg
「技巧 熟成栗の最中と茶器」1セット(和菓子+茶器+茶葉)¥15,000  ※10月9日(日)に13セット限定販売

---fadeinPager---

GRANDSEIKO_TOKI_パース_0916-01.jpg

---fadeinPager---

GRANDSEIKO_TOKI_パース_0916-04.jpg

Grand Seiko 和菓子屋 とき

期間:2022年10月7日〜10月16日
会場:東京都渋谷区神宮前6-5-10 アンノン原宿
営業時間:14時〜20時(19時45分最終入場) ※一部予約制
特設サイト

■来場予約
受付期間:全日14時〜16時
グランドセイコー:公式LINEアカウント