ピカソの飾らない表情を残した、20世紀を代表する報道写真家ロバート・キャパとは

    Share:

    • Line

    20世紀を代表する報道写真家・ロバート・キャパの特別展「もうひとつの顔 ロバート・キャパ セレクト展」が、2022年9月10日(土)から神戸ファッション美術館で開催。約100点の作品を展示し、彼のもうひとつの顔である「編集的視点」に迫る。

    robertcapa_main.jpg
    ロバート・キャパ・ポートレート(1951年) ルース・オーキン撮影東京富士美術館所蔵 The Robert Capa and Cornell Capa Archive

    ---fadeinPager---

    ハンガリー出身のロバート・キャパ(本名:アンドレ・フリードマン)は、スペイン内戦や第二次世界大戦などの戦場で、さまざまな激戦模様を収めた写真家だ。スペイン内戦の結末を暗示するかのような「崩れ落ちる兵士」や、死線に身を晒し命懸けで撮影したノルマンディー上陸作戦の激戦は、戦争報道写真の傑作とされている。

    一方で、キャパは写真集を企画刊行するなど「編集的視野」を持っていた。激戦模様だけでなく、不安げに空を見上げる人々や途方に暮れて佇む人など、戦時下の市民の姿も収めることで、戦争が日常化した世界とそこに生きる人たちの姿を多面的に捉えていた。

    人の内面を浮き彫りにするキャパの「まなざし」は、親交のあったピカソやヘミングウェイらを被写体とした場合にも遺憾なく発揮されている。著名人の飾らない表情も数多く残している。

    ***

    同展では、東京富士美術館のロバート・キャパ・コレクションの中から、溢れ出る感情とそれを捉えるキャパの眼を軸に選び出した約100点の作品が展示。開催は11月6日まで。

    『もうひとつの顔 ロバート・キャパ セレクト展』

    開催期間:2022年9月10日(土)~11月6日(日)
    会場:神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2の9の1)
    電話:078-858-0050
    休館日:月曜日、9月20日(火)、10月11日(火)※9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)は開館
    開館時間:10時~18時(入館は17時30分まで)
    観覧料: 一般¥1,000、大学生・65歳以上¥500、高校生以下無料
    https://www.fashionmuseum.jp/

    Hot Keywords