映画『神は見返りを求める』の見どころとあらすじ。“恩を仇で返すYouTuber”の愛憎渦巻くラブストーリー

  • 文:上村真徹

Share:

©2022「神は見返りを求める」製作委員会

『ヒメアノ〜ル』『空白』などの𠮷田恵輔監督が最新作の題材として選んだのはYouTuber。完全オリジナルのラブストーリー『神は見返りを求める』のあらすじと見どころを紹介する。

【あらすじ】底辺YouTuberと、それを支える“神のように優しい男”

2205_PEN_kami_01.jpg
イベント会社に勤める田母神(ムロツヨシ)は、再生回数が伸びずに悩むYouTuberの優里(岸井ゆきの)を献身的にサポートする。©2022「神は見返りを求める」製作委員会

『空白』『ヒメアノ〜ル』で知られる𠮷田恵輔監督が、ムロツヨシと岸井ゆきのの競演で織りなす異色ラブストーリー『神は見返りを求める』が6月24日から劇場公開される。

イベント会社の社員・田母神(ムロツヨシ)と、YouTuber・ゆりちゃんとして活動する優里(岸井ゆきの)が合コンで出会う。再生回数が伸びないことに悩む優里を不憫に思った田母神は、動画編集や撮影に必要な着ぐるみの調達など、イベント会社の社員という立場を活かして彼女をサポートすることに。見返りを一切求めない田母神の励ましを支えに、優里はアクセス数こそなかなか伸びないものの前向きに活動を続け、トラブルに見舞われながらもお互いに良きパートナーになっていく。

そんなある日、優里は田母神の後輩・梅川(若葉竜也)の紹介で人気YouTuberのチョレイ(吉村界人)とカビゴン(淡梨)のチャンネルに出演。過激な企画に体当たりで挑戦した甲斐あって、その動画が見事にバズる。さらに、デザイナーの村上アレン(栁俊太郎)のサポートを受けるようになり、やがて田母神を必要としなくなっていく。一方、田母神は元部下の借金問題で優里に頼るが、華やかなYouTuberの世界を謳歌する優里は「見返りはいらないと言ったはず」と無下に断ってしまう。

---fadeinPager---

【キャスト&スタッフ】“人間の心理をえぐる鬼才”がYouTuber界を生々しく描く

2205_PEN_kami_02.jpg
突然売れっ子YouTuberとなった優里は、見返りを求めるようになった田母神と衝突する。©2022「神は見返りを求める」製作委員会

これまで『さんかく』『ヒメアノ〜ル』でタッグを組んだ𠮷田監督と石田雄治プロデューサーが新たなオリジナル企画を構想するにあたって、𠮷田監督の出したアイデアが「見返りを求める男と恩を仇で返す女」。そこから「女優と映画監督」「ミュージシャンと音楽プロデューサー」などさまざまな世界で起こり得る関係性が候補に挙がる中、底辺YouTuberをヒロインに据えることが決定。脚本も𠮷田自ら書き下ろして、YouTuberという天国と地獄が隣り合わせの世界で急転直下する人間関係を生々しく描いている。

主演を務めるムロツヨシは、2021年の作品『マイ・ダディ』に続く映画主演第2作であり、𠮷田監督とのタッグも『ヒメアノ〜ル』に続いて2作目。いらないと言ったはずの見返りを執拗に求める主人公の田母神に扮し、これまでのイメージとはまったく異なる狂気を見せる。相手役となる優里を演じるのは、主演作『愛がなんだ』で話題を集め、役柄の幅と高い演技力でいまや映画界で引っ張りだこの岸井ゆきの。明るく一生懸命なYouTuberと、欲と憎悪に満ちたとして人間の側面を演じ分けている。さらに、田母神の後輩・梅川役の若葉竜也や人気YouTuber・カビゴン役の吉村界人ら、注目株の若手俳優がクセの強い業界人を好演している。

---fadeinPager---

【見どころ】現代性と普遍性を兼ね備えた怪作エンタテインメント

2205_PEN_kami_03.jpg
優里への妬みと憎しみが募った田母神の攻撃はますますエスカレートする。©2022「神は見返りを求める」製作委員会

本作の妙は、底辺YouTuberと彼女を支える平凡な会社員による微笑ましいラブコメで展開する前半と、狂気に満ちた愛憎が交錯する後半との落差にある。男女の関係性が崩れていく過程を描く𠮷田節は今回も冴え渡り、ムロツヨシが「演じている自分にここまで腹立ってムカついたこともない」と認めるほど。短くも楽しい時間を過ごした男女が欲望や嫉妬でいがみ合うものの、心の底から嫌いになれず互いに攻撃し合ってしまう──。誰もが陥りがちな“可愛さ余って憎さ百倍”をとことん掘り下げた愛憎劇は醜くも滑稽で、どこか身に覚えのあるものに映るはず。

また、主人公2人を結びつけるとともに対立の火種にもなるYouTubeの撮影も、随所でアクセントとして絶妙に利いている。「気になる女性が自分の知らないところで“あんなこと”をしていたら」という男の嫉妬心。大喜利感覚で繰り出される「見せられてイラッとする動画」。さらに、やってることはバカバカしいのに逆光で美しく見える“自撮り棒でのフェンシング対決”もあり、𠮷田作品の中でも指折りの遊び心を楽しめる。

恋が始まる予感から急転直下、いがみ合う2人…。嫌悪感を抱かせる人間描写の生々しさにますます磨きをかけた、𠮷田監督の新境地が堪能できる作品だ。

『神は見返りを求める』

監督/𠮷田恵輔
出演/ムロツヨシ、岸井ゆきのほか 2022年 日本映画
1時間45分 6月24日(金)TOHOシネマズ 日比谷、渋谷シネクイントほか全国ロードショー

---fadeinPager---