「大人の名品図鑑」のスタイリスト・井藤成一が山口に開いた“超専門店”を訪れた。Vol.1

  • 写真:タカハシアキラ

Share:

retrop-26.jpg

井藤成一●1978年生まれ。ファッション誌を中心に、CM広告やブランドカタログ、ミュージシャンなど、メンズ・レディース問わず、スタイリングをこなすマルチスタイリスト。木製の扉は1号店で以前に使われていたもので、「この店はウィンドウがありません。でも店の顔になるのではと思い、設置しました」と井藤さん。

Pen Onlineで連載中の「大人の名品図鑑」を一緒に担当しているスタイリスト井藤成一さんが昨年11月、故郷山口に自分のショップを開いた。

ファッションのプロであるスタイリストが地元に店を開くと聞けば、誰しも最新ファッションを紹介する店、あるいはいろいろな人気アイテムをセレクトした店を想像するだろう。しかし「RETROP(リトロップ)」と名付けられた井藤さんのショップは、それとはまったく異なる成り立ちとコンセプトを持つ魅力あふれる店だった。

10坪弱の「RETROP」の半分を占めるのは、1935年創業の吉田カバンのオリジナルブランド、ポーターのバッグ&アクセサリー。

「店名のRETROPは、ポーター(PORTER)を逆さまに読んだもので、造語です。ポーターは90年代、僕がファッションに目覚めるきっかけになったブランドです。逆さに読んだのは、見た目だけでなく、つくり手やデザイナーの言葉や背景を伝えられる店にしたいとこの名前にしました」

ショップの名前の由来を井藤さんはそう説明する。

大人の名品図鑑ポッドキャスト版も配信中!

ポッドキャストを聴く(Apple/Spotify/popinWAVE/Voicy

retrop-42.jpg
ショップの壁面には、井藤さんセレクトのポーターが並んでいる。ポーターの直営店を中心に扱われるバッグや、ほかのショップではあまり見ないものもある。

retrop-78.jpg
「フランク」シリーズのショルダーバッグ。ヨーロッパの馬革の原皮を国内で鞣した素材で、手に吸い付くような手触りが特徴。ブランドのマークも型押しで、まさに大人のポーター。¥24,200(税込)

---fadeinPager---

運命のブランド、PORTERとの出会い

実は井藤さんの父、盛雄さんは、山口市の駅通りに「Galle(ガレ)」(1F)というバッグショップ、B1に「café Galle」を30年前から営んでいる。「Galle」の店頭を飾るのがポーターの「タンカー」シリーズを中心としたバッグで、地元のファッション通にはよく知られた名店。盛雄さんは地元の若い人が運営するファッション店とも仲良く、相談相手になることも多いと盛雄さんは笑う。もともとシルバージュエリーのデザイナーでショップを営んでいた盛雄さんがバッグを売る店を開くきっかけとなったのは、山口の蚤の市で息子成一さんが見付けたバッグだ。それがポーターの「タンカー」だった。

そのバッグの素晴らしさに共感を覚えた盛雄さんと井藤さんはとある人の紹介で、東京で開催中の吉田カバンの展示会に参加できることになった。その頃からスタイリストの才能があったのだろうが、ポーターのバッグを持った井藤さんのスタイル、存在が当時のデザイナー吉田克幸氏の目に留まり、運よく吉田カバンとの取引がスタートする。

「吉田克幸さんは僕にとっては憧れの人、雲の上のような人。ビートルズのジョンやポールに会うようなものです。克幸さんは展示会の後、わざわざ山口まで来てくださって、ウチの店がシルバーのアクセサリーしか並んでいない店だったのに、『タンカーから始めたらいい』と仰ってくれたのです」

井藤さんにとっても、父、盛雄さんにとってもポーターは運命のブランドだと断言できる。だから「RETROP」を開く際にもポーターを核となるブランドとした。「Galle」は吉田氏の言う通り、「タンカー」シリーズを中心に構成されている。対して新店の「RETROP」では、同じポーターでも井藤セレクトによる多彩なラインナップを揃えることで差別化を計った。

店頭を飾る「FRANK」シリーズは、馬革を全面に使った大人っぽいポーター。前面に入ったロゴマークも型押し。最新の「EXPLORER」シリーズから選ばれたのは、オンオフ両用に使えるリュックサック。「背中に専用のパッド入りのスリーブ付きで、パソコンなどが入ります」と井藤さんが懇切丁寧に説明してくれる。

そんなポーターは、井藤さんにとって欠かすことのできないブランドだが、「RETROP」の大きな、そして素晴らしい特徴は、店のもう半分にゲストブランドを招くところにある。月単位で井藤さんが選んだブランドのアイテムを扱い、常に来てくださった人に新鮮さを感じてもらい、加えてポーターとの化学反応を楽しんでもらう。では井藤さんがゲストブランドとして選んだのは? それは井藤さんにとってどんなブランドなのだろうか。まだまだ長い話になりそうなので、それは次回にお伝えすることにする。

---fadeinPager---

retrop-52.jpg
「RETROP」の店内に飾られていた吉田克幸氏との写真。写真の井藤さんもまだ10代で若い。当時、1号店はまだシルバーアクセサリーの専門店で、クロムハーツなども扱っていた。

retrop-85.jpg
山口市の駅通り「Galle」は人気の「タンカー」シリーズを中心にしたバッグの専門店。山口県山口市道場門前2-4-12 TEL:083-928-2880

retrop-197.jpg
1号店「Galle」のB1にある「café Galle」。現在はコロナ禍で休業中。「Galle」の20周年記念パーティには、盛雄さんの古くからの友人で、元BLANKEY JET CITYの照井利幸さんがここでライブをして、100人を超える人が集まったという。店内には照井さんのサインも各所にある。

retrop-161.jpg
井藤さんの父の盛雄さん。昔からファッションは大好きで、VANのジャケットもいまだに新品のような状態で持っている。取材した日には井藤さんと同じようにベレー帽をかぶっていた。

RETROP

住所:山口県山口市吉敷中東4丁目8-2 維新ナインテラス1F
TEL:090-8003-9393
営業時間:10:30〜19:00
https://www.instagram.com/retrop_yamaguchi/

小暮昌弘

ファッション編集者

法政大学卒業。1982年から婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に勤務。『25ans』を経て『MEN’S CLUB』に。おもにファッションを担当する。2005年から07年まで『MEN’S CLUB』編集長。09年よりフリーランスとして活動。

小暮昌弘

ファッション編集者

法政大学卒業。1982年から婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に勤務。『25ans』を経て『MEN’S CLUB』に。おもにファッションを担当する。2005年から07年まで『MEN’S CLUB』編集長。09年よりフリーランスとして活動。