ガラケーが “卒業公演”!? 400台以上の「iモード」が登場するWEBムービーが公開

  • 文:Pen編集部

Share:

『iモード卒業公演』より

あなたの使っていたガラケーを見つけられるだろうか?懐かしすぎる400台以上のガラケーが登場するエモい動画が公開された。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2026年3月に予定している「FOMA」と「iモード」のサービス終了に向けて、ガラケーとの思い出を振り返るWEBムービー『iモード卒業公演』を制作した。

本動画には数多くのプロデュースやコラボレーションを手がける人気トラックメーカー・STUTSが参加し、ガラケーの歴代の着信音をアレンジして楽曲「仰げば尊し」「歓喜の歌」を制作。それらの楽曲に合わせて、センター問い合わせ、赤外線通信、ワンセグなど、「iモード」を利用していた誰もが「懐かしい!」と感じるあるあるやトレンドを盛り込みながら、ガラケーが人と人とを繋いだ思い出を振り返る。

2200301_DCC_08.jpg

_.jpg
ガラケー発売当初のストレート型のガラケー、その後主流となった折りたたみ式のガラケー、スライド式のガラケーなど、歴代400台以上のガラケーが登場。

楽曲には実際のガラケー端末から着信音・動作音をマイクでサンプリングした音色をふんだんに使用。また着信音以外にも、バイブ音、開閉のパカパカ音、カメラのシャッター音、各種着信サウンドなども収録して使用するなど、ガラケーならではのあらゆる音が詰め込まれた。

企画に参加したSTUTSは、「ガラケーを使っていたときの思い出、メールをセンターに問い合わせたり、iモードのサイトを使ったりしていた頃を思い出しながら音楽を作りました。楽しんでもらえたら嬉しいです。」とコメント。歴代の着信音が奏でる音楽にも注目だ。

ドコモのガラケーとともに、あの頃の懐かしい記憶を蘇らせてみてはいかがだろうか。

『iモード卒業公演』動画はこちら

『iモード卒業公演』特設WEBサイトも公開中!