ニューバランスの最新「TDS 574 ブラック」は、Nマークなしのスニーカー×革靴ハイブリッド

  • 写真・文:高橋一史

Share:

  • Line
アイコニックなサイドのNマークが取り外され、スポーツスニーカーがドレスシューズに変貌した「TDS 574」ブラックレザーモデル。¥30,800(税込)

「東京デザインスタジオニューバランス」(以下、TDS)は、アメリカ本国と日本チームが連携して、実験精神溢れるファッション性の高いアプローチを行う特別なライン。2018年からはじまり、20年には東京・日本橋浜町にデザインオフィス兼ショップ「ティーハウス ニューバランス」をオープン。独自の道を歩むスタイルを世界へ発信する拠点になっている。

次々にユニークなプロダクトを手掛けるTDSが、シリーズとして展開するスニーカーが「TDS 574」だ。目を引く斬新なポイントは3つある。ひとつは、靴底が分厚いシャークソールなこと。ふたつめは、コバが張り出す革靴風ディテールがあること。さらにもうひとつ挑戦的なのが、アッパーからNマークが取り外されたことだ。

21年12月4日(土)に発売されるのが第三弾となるモデルで、黒レザーをまとい原型がレトロスニーカーなことを気づかせないほどクールに進化した完成形。アッパーのベースは第一弾、第二弾と同様の1980年代モデル「574」だが、スポーツシューズらしさを残す配色だった従来品とは顔つきがまったく違う。あたかも新時代のドレスシューズが誕生したかのようだ。パンツの裾を被せればスポーティなヒールパーツが隠れるので、ジャケパンの服装にもばっちり合う。

見た目の重厚さに対して、歩きやすさはまさしくスニーカーなのも見逃せないポイントだ。踏み出せば足裏がしなやかに曲がり、返りのいい靴底がすっと元に戻る。踵の着地はクッション性豊かで、驚くほど柔らかい。世界最高品質と評される靴底メーカーのイタリア・ビブラム社とニューバランスが、このモデルのために開発しただけのことはある性能だ。

コロナ禍になる前、「そろそろスニーカーより革靴」というトレンドが広がってきたものの、ドレスアップして外出する機会を失って一気に冷え込みスニーカー人気がそのまま続いた。行動制限が減ってきたいま、再び革靴にスポットライトが当たるかもしれない。両方の特性を兼ね備えたハイブリッドのTDS 574 ブラックこそ、ワードローブに加える意義のある良作だ。

---fadeinPager---

DSC00604.jpg

家具を思わせるブラック×ベージュの色彩が現代的。アッパーのメッシュとレザーのコンビも各パーツのカッティングも、ニューバランスの伝統を受け継ぐもの。

DSC00595.jpg

どこから見ても洗練された美しい佇まい。革靴と同様にきちんと手入れをして履き続けたい一足だ。

DSC00589.jpg

シャークソールはメンズシューズの歴史に時折登場してくる定番。これは製造をビブラム社が手掛けた最新版だ。

DSC00592.jpg

レトロスニーカーのソールを厚底ヒールに載せ替えたカスタムモデルのようなバックスタイル。足首が覗くクロップドパンツを穿いてアピールしたくなる特徴的な部位だ。

ニューバランス ジャパンお客様相談室

TEL:0120-85-0997
https://shop.newbalance.jp/shop/pages/tokyodesignstudio.aspx

ニューバランスの最新「TDS 574 ブラック」は、Nマークなしのスニーカー×革靴ハイブリッド

  • 写真・文:高橋一史

Share:

  • Line

高橋一史

ファッションレポーター/フォトグラファー

明治大学&文化服装学院卒業。文化出版局に新卒入社し、「MRハイファッション」「装苑」の編集者に。退社後はフリーランス。文章書き、写真撮影、スタイリングを行い、ファッション的なモノコトを発信中。
ご相談はkazushi.kazushi.info@gmail.comへ。

高橋一史

ファッションレポーター/フォトグラファー

明治大学&文化服装学院卒業。文化出版局に新卒入社し、「MRハイファッション」「装苑」の編集者に。退社後はフリーランス。文章書き、写真撮影、スタイリングを行い、ファッション的なモノコトを発信中。
ご相談はkazushi.kazushi.info@gmail.comへ。

Hot Keywords