何者をも蹴散らしてゆく、 懐に優しさを忍ばせて【創造の挑戦者たち#58 井口 理(ミュージシャン)】

  • 文:久保玲子
  • 写真:野村佐紀子
  • スタイリング:松岡圭祐
  • ヘア&メイク:TAKAI

Share:

  • Line

TKS-01_202108060316_1.jpg
1993年、長野県生まれ。2017年に4人組バンド、King Gnuを結成、ボーカルとキーボードを担当。19年にアルバム『Sympa』でメジャーデビュー。音楽活動のみならず俳優としてドラマや映画にも出演している。

8月上旬、夏を謳歌するように緑が燃え、灼熱の太陽が照りつける東京・谷中霊園をそぞろ歩く井口理。言わずと知れたKing Gnuのボーカルは、蝉時雨の中、強烈な日差しを気にも留めない風情で佇んでいる。

「この墓地は、授業の合間、落ち着いて考えにふけりたい時に歩き回っていました。オペラをやり始めて、歌に自信がないわけじゃなかったけれど、クラシック的なアプローチは自分に向いていないんじゃないか。声楽の道が自分にはハマらないんじゃないかという気がして、挫折というほどではないけれど、悩んでいたのが大学2年の頃。バンドを始めたのも同時期で、もう少し他のことも試したくて、劇団に参加して芝居をやり、ミュージカル・サークルにも入っていました。全部、学生ノリでしたけどね」

幼い頃から家族揃っての映画好き、兄弟が劇団に所属していたこともあり、井口にとっての芝居は、音楽と同様に幼い頃から身近なものだった。そんな彼の芝居心はKing Gnuのミュージック・ビデオでも発揮されてきた。

「定点カメラで異星人の男女の出会いを表現した『It’s a small world』のMVではジム・キャリーの『マスク』のつもりで、特殊メイクで演じて。エイリアンという自分ではない者になる、新しい楽しさを知って。僕はもともと内向的な性格で、人目も気にするし、人の顔色もうかがう。マスクを着けることで、縛られ、抑圧された状態から自由になった感覚、心地よさを感じたんです」

自分とは異なる仮面に魅せられ、映画やドラマに出演してきたが、配信中のYouTubeドラマ『GOSSIP BOX』に挑んだことで、またひとつ新しい扉が開いた。突然、殺風景な部屋に閉じ込められた男女4人が脱出を賭けたゲームに強制参加させられるクライム・コメディで、井口は捕らわれの身となる主人公を演じた。

「これまでとは違う、自分の中から湧き出してくるものを頼りに演じること、経験をもとにした感情を引っ張り出す想像力、台本に書かれていない現場で感じ取れるもの。それらの大切さに目覚めたというか、芝居はナマモノだと勉強になりました。他の役者さんに引っ張られて、自分だけじゃたどり着けなかった場所まで連れて行ってもらえ、それが相乗効果なんだなと気づきました」

TKS-02_202108060251.jpg

---fadeinPager---

演技を通じて加速していく、表現のモチベーション

音楽では日夜アンサンブルを奏でていた井口だが、芝居におけるセッションの醍醐味を知ったことで演技への思いが膨らみ、さらに表現のモチベーションについて考える日々だという。

「今回『GOSSIP BOX』の宣伝で週刊誌風のフェイク記事をつくって出したんですが、これはKing Gnuというロック・バンドがやってきた姿勢にも呼応するもの。このコンプライアンス至上主義の世の中でも自由で面白いことをやり続けたい。僕自身、親はフォーク世代で、大好きな是枝裕和監督の作品に登場するような市営団地で友だちと遊んでいた。ピカピカしたものより汚れたもの、猥雑なものに興味が湧きます。一方でバンドも売れ、昔に比べて生活に余裕ができて、丸くなったと感じる自分がいる。年を重ねていく上で、どこにモチベーションを見出すかというとお金じゃない。やっぱり楽しくないと。そしてヒリヒリした状態にいないと感性は死んでいく。自分がどこに身を置いていくのか、30歳を目前にして考えますね」

自分が弱いからこそ、昭和の大スターのように、何者をも蹴散らして歩いてゆく姿に憧れる。と同時に、か弱き者への優しさを常に懐に忍ばせておくことが自らのサブテーマだと明かした。

TKS-03_202108060441.jpg
パンツ¥10,780 アームズ クロージング ストア 祐天寺 TEL:03-3793-5334 その他は私物

---fadeinPager---

WORKS

TKS-04.jpg

『CEREMONY』 King Gnu

2020年1月にリリースされたKing Gnuのサード・アルバム。大ヒット曲「白日」の他、「飛行艇」「傘」など全12曲を収録し、発売初週に23万8000枚をセールス。初登場でオリコン週間アルバムチャート1位を獲得した。

TKS-05.jpg

NHK BSプレミアム「ダブル・ファンタジー展」特集番組

2020年10月から開催された『ダブルファンタジー ジョン&ヨーコ』展の品々とともに、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの激動の人生と彼らのメッセージをひも解くNHK BSプレミアム番組。井口がナレーションを務めた。

TKS-06.jpg

YouTube配信ドラマ「GOSSIP BOX」

佐々木豪監督、井口らの「なにか面白いことやろうぜ」のひと声から始まったYouTube配信ドラマ。吉村界人、浅川梨奈、MEGUMIの3人と井口が演じる男女が捕らわれ、謎めいた脱出ゲームの幕が切って落とされる。

何者をも蹴散らしてゆく、 懐に優しさを忍ばせて【創造の挑戦者たち#58 井口 理(ミュージシャン)】

  • 文:久保玲子
  • 写真:野村佐紀子
  • スタイリング:松岡圭祐
  • ヘア&メイク:TAKAI

Share:

  • Line

Hot Keywords