中田英寿氏らが“究極”のお茶を共同開発!

  • 文:上村真徹

Share:

  • Line

中田英寿氏が全国を旅する中で見つけた日本の本物(者)を伝えるプロジェクト“にほんもの”、石川県で大正7年よりお茶の魅力を伝えてきた老舗・油谷製茶、国産産地指定飲料ブランド“TOCHIとCRAFT”を通じて加賀棒ほうじ茶の魅力を伝えてきたポッカサッポロ。本物にこだわる三者によって初めて開発された「水出し 一番焙煎 加賀棒ほうじ茶(にほんものエディション)」が、9月8日(水)から発売されている。

2109_PEN_hojicha_01.jpg
水出し一番焙煎加賀棒ほうじ茶(にほんものエディション)。内容量:45g。¥1,080(税込)

本製品の開発にあたって中田氏は「茶葉でお茶を飲む人が少なくなっている、また多くの人が食事中に冷たいものを飲んでいるというニーズと、お茶はお湯で淹れるもの、という生産者の常識とギャップを埋めるのは水出しだと気づきました」と水出し抽出にこだわり、さらに食事に合うほうじ茶の中でも特に香りの高い加賀棒ほうじ茶に着目。お湯を沸騰させる手間を省き、低い温度でもしっかりと抽出できる水出し用の茎茶を開発した。

2109_PEN_hojicha_02.jpg
メディア発表会で製品開発にかけた思いを語る中田英寿氏。

開発過程においてオンライン試飲会などで何度も試飲を重ねたという中田氏は「ただ美味しいだけでなく、また飲みたいと手が伸びるような後味に仕上げることがすごく難しかった」と当時の苦労を振り返る。

そのこだわりが実り、低い温度で抽出することで茶葉の苦みや渋みが抑えられ、茎の部分を使って作られる棒ほうじ茶特有の透き通るような香りの高さや透明な甘みも感じられる、ほどよいキレに仕上がっている。

「水出し一番焙煎加賀棒ほうじ茶(にほんものエディション)」は、にほんものストア、都内アンテナショップ、全国百貨店、油谷製茶公式オンラインストアなどで購入することができる。

中田氏をはじめ開発に携わった人々が揃って“究極”と自信を持つ、加賀棒ほうじ茶をぜひ味わってみてほしい。

問い合わせ先/にほんものストア
https://shop.nihonmono.jp/

中田英寿氏らが“究極”のお茶を共同開発!

  • 文:上村真徹

Share:

  • Line

Hot Keywords