ダスティン・ホフマンが履いた、オニツカタイガーの定番スニーカー

  • 文:小暮昌弘(LOST & FOUND)
  • 写真:宇田川 淳
  • スタイリング:井藤成一

Share:

  • Line
モデル名は「MOAL 77 NM」。2008年からリリースされている「NIPPON MADE」シリーズの中の一足。デザインベースは1977年に同ブランド初のジョギングシューズとして発売された「モントリオールⅡ」。巻き上げ形状のヘリンボーンパターンのソールや明るいカラーバリエーションはオリジナルの特徴的なディテールを再現。インソールの踵部に6mm厚のGELを搭載し、コンフォートな吐き心地を実現している。¥29,700(税込)/オニツカタイガー

「大人の名品図鑑」スニーカー編#3

空前のスニーカーブーム。毎日のように新作が発表され、バブルと言っても過言ではない状況だ。スニーカーはもはや自分を表現する大切なツール。ファッションを超えた文化=カルチャーに近い存在だ。今回は、名品と呼ばれるスニーカーが誕生した時代背景やその特徴、アイコンとして登場する映画などについて紹介する。

日本発のファッションブランド、オニツカタイガーが鬼塚商会として創業されたのは1949年。創業者は鬼塚喜八郎。戦後復員してきた彼は当時の若者に夢を与え、スポーツを通じて健全な青少年を育成することを考えて、スポーツシューズの製作に挑んだという。

タコの吸盤をヒントに製作されたバスケットボールシューズやマラソン・駅伝専用シューズ、マメのできない魔法のランニングシューズなど、次々と革新的なスポーツシューズを開発し、世界的なブランドへと成長した。77年に総合スポーツ用品メーカーを目指して、友好関係にあった2社と合併、社名をアシックスと改めたことで「オニツカタイガー」というブランドは一旦消滅するが、国内外からの復活を望む声が起こり、2002年にブランドが復活した。新生オニツカタイガーがターゲットにしたのはファッションで、シューズだけでなく、服や小物まで含むトータルで展開され注目を浴びた。当時、レトロスニーカーのブームもあり、同ブランドの名品「メキシコ 66」が海外でブレイクし、さらに映画『キル・ビル』(03年)でユマ・サーマンが「タイチ」を着用したことで、人気ファッションブランドとなった。

英国王室のウィリアム王子やブルース・リー、アンディ・ウォーホル、フレディ・マーキュリーといった多くの有名人にもオニツカタイガーの靴は愛用されているが、今回紹介するのはアメリカを代表する俳優ダスティン・ホフマンが映画で履いたオニツカタイガーだ。

この企画のためにネットでリサーチしているときに、偶然ホフマンがオニツカタイガーを履いている写真を発見した。その写真はホフマンが「M-65」と思われるファティーグジャケットにチノパンを合わせ、足元には同ブランドのジョギングタイプのシューズを履いているカット。写真をオニツカタイガーに送って調べてもらうと、77年にオニツカタイガーからジョギングシューズとして初めてリリースされた「モントリオールⅡ」というモデルであることが判明した。

しかしホフマンのこのスタイル、このジャケット、どこかで見た覚えがある。もしかしたら彼がメリル・ストリープと共演し、第52回アカデミー賞の作品賞を獲得した映画『クレイマー、クレイマー』(1979年)での写真ではないかと思い、映画を再び観てみた。するとジョアンナ(メリル・ストリープ)との離婚問題に悩むテッド(ダスティン・ホフマン)が、女友達と公園のベンチで話し込むシーンなどでこのシューズを履いていた。しかし映画ではシューズが落ち葉などに隠れてしまい、モデルやオニツカタイガーストライプを確認することは難しかった。今回発見したオフショットと思われる写真と重ね合わせることで、この映画で同ブランドの「モントリオールⅡ」が使われていることがわかったのだ。

驚くことに映画で使われた「モントリオールⅡ」の後継機「MOAL 77 NM」がいまでも製作されている。しかも日本製で。巻き上げ形状のトゥとヒールも当時と同じイメージで変わらない。ソールのヘリンボーンパターンも踏襲されている。さらに、ホフマンが映画で履いたカラーリングに近いものまで揃っている。オニツカタイガーファン、映画ファンならずとも見逃せない一足ではないか。

---fadeinPager---

11.jpg
インソールに入った「日本製」の文字。同ブランドの伝統と職人技を駆使して製作された、「NIPPON MADE」シリーズからリリースされたモデル。
12.jpg
アウトソールのヒール部分が巻き上がった「MOAL 77 NM」のデザイン。これは「モントリオールⅡ」のデザインを踏襲したものだが、70〜80年代に登場したジョギング用のシューズの特徴でもある。
10.jpg

「MOAL 77 NM」はさまざまなアッパー素材を使ったものが用意されている。下のモデルのカラーリングが、映画でダスティン・ホフマンが履いたシューズに近い。上:スエードのアッパー¥29,700(税込)、中:天然皮革のアッパー¥27,500(税込)、下:ナイロンアッパー¥24,200(税込)/すべてオニツカタイガー

大人の名品図鑑のポッドキャストがスタートしました!

ポッドキャストを聴く(Apple/Spotify/popinWAVE

問い合わせ先/オニツカタイガージャパン お客様相談室TEL:0120-504- 630
https://www.onitsukatigermagazine.com/store/user_data/lineup_nipponmade.php

ダスティン・ホフマンが履いた、オニツカタイガーの定番スニーカー

  • 文:小暮昌弘(LOST & FOUND)
  • 写真:宇田川 淳
  • スタイリング:井藤成一

Share:

  • Line

Hot Keywords