「中銀カプセルタワービル」に泊まれる!? 生まれ変わるレジェンド建築のプロジェクトが始動

  • 文:宇治田エリ

Share:

  • Line

「中銀カプセルタワービル」カプセル内装。1972年竣工当時のオリジナルの内装を残したもの。

東京・銀座にそびえ立つ、「中銀カプセルタワービル」。1972年に竣工された黒川紀章の初期作品であり、メタボリズム建築を代表する作品でもある。そんな歴史的な建物の解体・売却が決定した。

メタボリズムとは、社会や人びとの変化に合わせ、有機的に成長する都市を描いた思想のこと。そんな思想から生まれた「中銀カプセルタワービル」は、大きな円窓がひとつ付いたコンパクトなカプセルがいくつも集積し、ひとつのビルとなっている。2018年からは、1カ月間のお試し宿泊ができる「マンスリーカプセル」を運営するなどして、国内外のファンを増やしていた。

そんな多くの人々に愛された歴史的な建物だからこそ、保存・再生の価値がある。解体後はカプセルを取り外し、黒川紀章建築都市設計事務所の協力で改修される。そして美術館や博物館への寄贈や、宿泊施設等で再活用するプロジェクトを通して、後世に遺していくのだという。まさに変化を積極的に受け入れるメタボリズムの思想に即した計画だ。

さらに今後は、「中銀カプセルタワー」のオーナーやそこに住む人たちを記録した書籍の出版や、美術館など公共施設に寄贈するカプセルを改修のための、クラウドファンディングも今後行われるという。歴史ある建物を後世に引き継ぐためにも、保存・再生に一役買ってみるのもいいだろう。

---fadeinPager---

ビル外観。140個のカプセルが積み重なっている。

竣工当時の内装を活かしながら、住居として使用されているカプセル。

オフィスとして使用されているカプセル。

埼玉県立近代美術館に展示されるカプセル。今後もカプセルが見られる美術館が国内外に増えていくだろう。

関連記事

問い合わせ先/中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
https://www.nakagincapsuletower.com/

「中銀カプセルタワービル」に泊まれる!? 生まれ変わるレジェンド建築のプロジェクトが始動

  • 文:宇治田エリ

Share:

  • Line

Hot Keywords