エレクトロニック・ミュージック界の寵児が手がけた、電子音にギター・リフが重なる神秘的かつ官能的な音世界

  • 文:中安亜都子

Share:

  • Line

『スパイラル』ダークサイド OLE-1737 ビート・レコーズ ¥2,420 7/23発売(税込)

【Penが選んだ、今月の音楽】

エレクトロニック・ミュージック界の寵児ニコラス・ジャーと、名マルチ・プレイヤーのデイヴ・ハリントンによるエレクトロニック・ジャム・バンドが活動休止を解き、8年ぶりに放つ2作目。前作が「失われたデヴィッド・リンチのSF映画のサウンドトラック」とも評された彼らだが、今作でも神秘的で官能的な音世界は健在。ジャーが繰り出すマットな電子音にハリントンのブルージーなギター・リフが重なり、緊張と弛緩の狭間にクラブ・ミュージックとピンク・フロイド的サイケ・ロックの接点が浮かび上がる。



静かなピアノ・サウンドが聴き手の魂を刺激する、イタリア名ピアニストの新作

『全裸監督』で最注目の女優・黒木香の知られざる名盤「小娘日和」がデジタルリリース

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ:Get Back』がDisney+で独占配信決定

エレクトロニック・ミュージック界の寵児が手がけた、電子音にギター・リフが重なる神秘的かつ官能的な音世界

  • 文:中安亜都子

Share:

  • Line

Hot Keywords