2024年パリ・オリンピックの会場として、巨大な木造建築が登場

  • 文:高田昌枝

Share:

  • Line
PARISパリ

2024年パリ・オリンピックの会場として、巨大な木造建築が登場

文:高田昌枝

(C)Patrick Tourneboeuf / Tendance Floue

1900年の万博のために建てられた「グラン・パレ」。近年はシャネルのショーや馬術大会の「ソー・エルメス」をはじめ、数々のカルチャーイベントの会場として親しまれてきたが、2024年開催のパリ・オリンピックの会場となるべく改修工事に入った。

改修期間中、イベントを受け入れるスペースとして誕生したのが「グラン・パレ・エフェメール」だ。かまぼこを十字に組み合わせたようなジャン=ミッシェル・ウィルモットの建築の総床面積は、1万㎡。空間には壁も柱もない、巨大な木造建築だ。ミネラル由来の透明ポリマーを使い、防音性、断熱性やエネルギー消費にも配慮している。オリンピック開催期間中は柔道やレスリングの会場として使われる予定だ。

www.grandpalais.fr

2024年パリ・オリンピックの会場として、巨大な木造建築が登場

  • 文:高田昌枝

Share:

  • Line

Hot Keywords