髙⽥賢三の晩年を追った、長編ドキュメンタリー映画が公開!

  • 文:宇治田エリ

Share:

  • Line

「KENZO」創業者、故・髙田賢三。photo:©THE U.D.S. LTD. / TRIPOD Ltd, Liability Co.

2020年10月、新型コロナウイルス感染症の合併症によって81歳で逝去したデザイナー・髙田賢三の素顔に迫る、世界初のドキュメンタリー映画『# KENZO TAKADA』が2021年に公開される。

髙田賢三は、1970年に⾃⾝のブランド「KENZO」を設立。プレタポルテのデザインによって、多くの⼈々がファッションを楽しむ基盤をつくりあげ、新たなモードの可能性を⽰した。現在のファッションショーの定番である、⾳楽で華やかに演出するスタイルも、髙田が始めたもの。まさにファッション界のパイオニアである。

髙田は最初期から日本産の⽊綿⽣地を好んで取り⼊れ、当時のパリでは珍しい、ゆとりのあるフォルムのコレクションを発表。時代の風潮と相まって⼈気を博し、「⽊綿の詩⼈」と呼ばれるようになった。さらに世界各地の⺠族⾐装をデザインに落とし込み、カラフルな色使いと大胆な柄をあしらった「フォークロア・ルック」は、パリで大ブームを巻き起こし、「⾊彩の魔術師」と称賛された。

映画『# KENZO TAKADA』では、監督・中山章太郎が2018年から2年以上に渡り髙田に密着。その素顔に迫りながら、世界中に「⾃由」と「⾊彩」、そして「⽂化の多様性」を与えたこれまでのクリエイションと、葛藤を振り返る。常に⼈を楽しませ、喜ばせようとした、髙田賢三の最期の生き様に触れよう。


【関連記事】

ジム・ジャームッシュ12作品が都内ミニシアター4館で公開!
ファッションビジネスのダークサイドに切り込んだイギリスの新作映画。これは対岸の火事ではない
今年最注目の展覧会『ファッション イン ジャパン』が開幕!

「KENZO」は今では世界中で知られるブランドとなり、髙田自身も、芸術⽂化勲章シュバリエ位、芸術⽂化勲章コマンドール位、レジオンドーヌール勲章(名誉軍団国家勲章)シュバリエ位、紫綬褒章など数々の賞を受勲した。photo:©THE U.D.S. LTD. / TRIPOD Ltd, Liability Co.

2020年1月には、ライフ&スタイル・ブランド「K三(ケイスリー)」を発表。新型コロナウィルスに感染する直前まで、精力的に活動していた。photo:©THE U.D.S. LTD. / TRIPOD Ltd, Liability Co.

「# KENZO TAKADA」

監督/中山章太郎
出演/髙田賢三 ※ほか出演者は後日発表
2021 年公開予定 日本映画 1時間50分
http://kenzotakada-film.com


髙⽥賢三の晩年を追った、長編ドキュメンタリー映画が公開!

  • 文:宇治田エリ

Share:

  • Line

Hot Keywords