あの名作椅子を購入できる!「ジョージ・ナカシマ没後30年企画展」が開催

  • 文:宇治田エリ

Share:

  • Line

「ジョージ・ナカシマ没後30年企画展」。名作椅子として名高い「グラスシートチェア」のスペシャルエディションモデルが購入できる。

 2021年7月24日から8月1日にかけて、東京・池尻大橋にあるデザインギャラリーLICHTにて、「ジョージ・ナカシマ没後30年企画展」が開催される。

⽊と⾃然、そして家族を⼼から愛した⽊匠、ジョージ・ナカシマ。1905年にアメリカで生まれたナカシマは、⽊⼯家具作家のパイオニアとして、アメリカで1952年に建築学会のゴールドメダルを受賞。1986年にはメトロポリタン美術館・ジャパンギャラリーの一室の家具を全て制作した。木の美しさを自然に引き出したナカシマの家具は広く認められ、スミソニアン博物館やシカゴ美術館などに展⽰。日本でも国立工芸館や栗林公園商工奨励館に所蔵されている。ナカシマの家具は時代や国を超え、いまも愛され続けている。

本展では1944年にデザインされ、60年代後半〜70年代にかけてインドで⽣産された「グラスシートチェア」のスペシャルエディションモデルを限定受注販売する。1990年に亡くなった後も、ナカシマの家具は娘のミラ・ナカシマが引き継いだ⽶国ニューホープの⼯房と、⾹川県⾼松の桜製作所の2カ所で作り続けられている。その桜製作所が没後30年にあたり、ナカシマが当時デザインした際の素材であるローズウッドの「グラスシートチェア」を特別に復刻。ジョージ・ナカシマの初期の作品が手に入れられる貴重な機会に、是非足を運んでみよう。


【関連記事】

ハンス・J・ウェグナーの名作椅子が、チーク材の特別仕様で数量限定販売

深澤直人が、アメリカの老舗「エメコ」の椅子をデザイン

伝説的デザイナー倉俣史朗の知られざる傑作ランプ「SAMBA-M」が復刻!

ローズウッドのグラスシートチェア。価格は未定だが、桜製作所で販売されている通常のグラスシートチェア は¥242,000(税込)。

シンプルな造形とローズウッドの素材が美しい一脚だ。

座面が天然のい草で作られている「グラスシートチェア」。独特な佇まいが魅力的だ。

『 ジョージ・ナカシマ没後30年企画展』
開催期間:7/24〜8/1
会場:LICHT
東京都目黒区青葉台3-18-10 2F
TEL:03−6452−5840
開館時間:13時〜18時
会期中無休
無料
https://licht-gallery.com

※開催日時・内容などが変更となる場合があります。事前の確認をお薦めします。

あの名作椅子を購入できる!「ジョージ・ナカシマ没後30年企画展」が開催

  • 文:宇治田エリ

Share:

  • Line

Hot Keywords