雑誌『Pen』リニューアル第1号が本日発売! 高橋一生、安達祐実、光石 研ほか豪華クリエイターから期待のコメントが到着

  • 文:Pen編集部

Share:

  • Line

本日5月28日、雑誌『Pen』のリニューアル第1号となる「コーヒーとグリーン、ときどきポッドキャスト」が発売となった。リニューアルに際し、Penとゆかりのある豪華クリエイターたちから寄せられた、これからの新しいPenに期待するコメントを紹介しよう。

我が家のリビングテーブルの上には、よくPenが有る。
家、ファッション、エアライン、ホテル等々、それぞれ深掘りした取材にそそられ買ってしまう。
東京古着日和』から編集者の方々とも知り合いになり、
皆さん独自の、エッジの効いた目線に唸った。月刊誌にリニューアル。
益々、深掘り取材に磨きがかかるだろう! 雑誌好きの僕としては、楽しみしかない!

──光石 研(俳優)


手書きの温かみを大切に。
これはどんなに時代や社会が変わっても普遍的なものだと思います。
だからこそ大きく変わることによって、変わるもの、変わらないもののの価値を顕在化させる、そんなメディアの活動に期待しています。

──谷尻 誠(建築家)

傍らにペンがあるから……
手紙を書きたくなる。
新しいアイデアが閃く。
旅に出たくなる。
好奇心が磨かれる。
無駄遣いをしたくなる。
生きる喜びが湧く。
そんな雑誌であってください。

──小山薫堂(放送作家)


「ページをめくる」という時間が、ますます贅沢な時代になりました。
インターネット上で検索するのとはまたひと味ちがう価値、そして体験を、これからも楽しみにしています。

──佐藤オオキ(デザイナー、デザインオフィスnendo代表)


月刊化リニューアル、おめでとうございます。
これからも、人の心を豊かにするあたたかみのある誌面を楽しみにしています。
また何かの企画でご一緒できればと思います。

──高橋一生(俳優)


Penとは、新しい試みをいつもしてきました。
どんな時代でもピントの合わせ方が独特で、新たな文化やファッション、生活スタイルを導いてくれたと思います。
これ以上の新しさがどう生まれるのか楽しみです。さらに進化するPenから生き方のデザインをもっと探究させてもらえたらとワクワクします。
私も寄り添えられるアートディレクターとなれるよう進化したいと思います。

──森本千絵(コミュニケーションディレクター/アートディレクター)


2006年、まだ一人の人物を雑誌でまるごと特集するという企画があまりなかった頃
いち早く「一冊まるごと佐藤可士和。」を『Pen』でやっていただいた。
そのインパクトは僕にも、僕の周りにも大きく、雑誌がムーブメントをつくっていく様を
身を以て体験した。『Pen』の動きにはずっと注目している。いつもどこかに「新しさ」があるから。

──佐藤可士和(クリエイティブ・ディレクター)


Penは僕が思う「雑誌の良心」。
そう言われれば知りたい、に気付かせてくれる特集もまた絶妙です。
変化し続けながらPenらしさがより浮き彫りになる。きっとそんな風に進化してくれるはず。ちゃんと「Pen屋さん」を貫いてくれるPenが大好きです!

──村松亮太郎(アーティスト、NAKED, INC.代表)


サブスクで音楽を聴く機会が増えたが、気に入ったものはCDやアナログを買うことにしている。雑誌は単に情報をカタログ的に提供するものでは無いだろう。表紙があり、レイアウトがあり、紙の質感、匂い、作り手の熱意がパッケージに閉じ込められている。Penにはこれからも変わらず、物として所有したくなる本であって欲しい。

──堀込泰行(ミュージシャン)


これからも皆さまに、新しい価値観やさまざまな色の生き方を与えるキッカケとなる言葉達を期待しています♡

──りゅうちぇる(アーティスト)


月刊化リニューアル、おめでとうございます。
紙をめくるというワクワク感、そして、めくった先に面白い何かがあると思わせてくれる紙面を、これからも一読者として楽しみにしています。
他にはない企画でまたご一緒できる事を願っています。 

──安達祐実(俳優)


Photo: @ogata_photo

リニューアルおめでとうございます!
今の時代にこそ、「紙の雑誌」としての意義を追求する姿勢に共感します。
新しくなるPenに、大いに期待しています。

──平野啓一郎(小説家)


小学生の頃からPenを通じて文化の素敵さに触れて、憧れをたくさん貰っていました。
様々な役者像がある中で、役を演じているときだけでなく、その役者さんの生き方自体が豊かな人に憧れがあります。
これからもPenを読みながら「豊かな生き方のヒント」を発見していきたいです。

──小関裕太(俳優)

Pen最新号「コーヒーと グリーン、ときどき ポッドキャスト

2021年7月号 No.518 定価800円(本体727円)

雑誌『Pen』リニューアル第1号が本日発売! 高橋一生、安達祐実、光石 研ほか豪華クリエイターから期待のコメントが到着

  • 文:Pen編集部

Share:

  • Line

Hot Keywords