ホンマタカシが撮り続けてきた太宰府天満宮の御神馬。完成映像がついに公開!

  • 文:Pen編集部

Share:

  • Line

ホンマタカシが太宰府天満宮で撮り続けてきた御神馬。同プロジェクトの完成形がついに公開される。

福岡・太宰府天満宮宝物殿では、写真家のホンマタカシの新作映像「鬼と白い馬」を4月24日から8月1日まで公開する。これは2015年に開催した第9回太宰府天満宮アートプログラム ホンマタカシ「Seeing Itself―見えないものを見る」で、ホンマが被写体として選んだ御神馬「白梅号(通称シロちゃん)」を撮り続けて完成した作品だ。

太宰府天満宮「神幸式大祭」での姿と蹄鉄の交換に注目した前作「蹄鉄とシロちゃん」に対し、今回は火祭り「鬼すべ神事」の最中に馬小屋の中で休んでいる御神馬の様子を無人カメラで捉えるという、ホンマの好奇心が発端となったもの。

また、御神馬に縁ある境内3カ所にホンマが撮影した白梅号のパネルを設置し、来場者が散策できるよう展示MAPでの案内も行う。プロジェクトの帰着点を見届けながら、撮られたその姿を通して生前の白梅号に思いを馳せてみたい。

ホンマタカシ●写真家。1999年に写真集『東京郊外 TOKYO SUBURBIA』で第24回木村伊兵衛写真賞受賞。現在、 東京造形大学大学院 客員教授を務める。

新作映像「鬼と白い馬」の一場面。火祭り「鬼すべ神事」の最中に馬小屋の中で休んでいるシロちゃんの様子が映し出される。

ホンマタカシ「鬼と白い馬」

会場:福岡県太宰府市宰府4-7-1 太宰府天満宮宝物殿 企画展示室・境内
開催期間:2021年4月24日(土)~8月1日(日)
開催時間:9時〜16時30分(入館は閉館の30分前まで)
料金:一般¥500(税込)
TEL:092-922-8551
https://keidai.art


※開催日時・内容などが変更となる場合があります。事前の確認をお薦めします。

Hot Keywords