名ホテルのDNAを受け継ぐ「アートビオトープ スイートヴィラ」は、まさに静謐な高原リゾート

  • 写真:岡村昌宏(CROSSOVER)
  • 文:真下武久

Share:

  • Line

318本の木々の間に160の池が配された石上純也の「水庭」。宿泊ゲストは自由に鑑賞できるので、人が少ない時間帯を狙って、このランドアートを独り占めしたい。

那須連峰の山懐、標高550mほどの森の中にリゾートホテル「二期倶楽部」が開業したのは1986年のこと。自然やアートとの共生をテーマに掲げたこのホテルは、日本におけるブティックリゾートの先駆けといっても差し支えないだろう。惜しまれつつも2017年にその幕を閉じたが、そのDNAを受け継ぐのが「アートビオトープ」だ。もともとは二期倶楽部に付属するアートレジデンスであった施設が、20年10月に全15室の「スイートヴィラ」と「レストランμ(ミュー)」を加え、新たにグランドオープンを果たした。

チェックインを済ませ、敷地の両脇を流れる小川のせせらぎに耳を澄ませながら、完全独立型のヴィラへ。設計を手がけたのはプリツカー賞をはじめ数々の受賞歴を誇る建築家の坂茂。輸入物ではなくスギやタモといった国産木材が多用された室内は、木の心地いい香りが立ち込め、ゲストを温かな気分にさせる。全面開口できる窓を開け放てば、小川に向かって張り出した木組みのテラスがリビングとシームレスに一体化。バスルームも同様、すべての窓や仕切り戸がフルオープンになり、客室のどこにいてもすぐ近くに自然が感じられるつくりだ。

14棟15室からなるスイートヴィラはゆるやかな自然の傾斜に沿って点在する。夜は格子状の透かし窓から漏れるほのかな光が旅情を誘う。

午後にはハイティーがふるまわれるなど、ゲストが自由に寛げるライブラリーラウンジ。チェックインもここで。

二期倶楽部の本館ダイニングで使用されていたマリオ・ベリーニの「413CAB アームチェア」と、建築家の磯崎新による水彩のスケッチ。

石上純也が手がけた水庭と、坂茂のヴィラが調和する。

国産木材を贅沢に用いたヴィラは、テラスまで伸びた天井部分のルーバーが印象的。庭の先には小川が流れ、そのせせらぎに癒やされる。

客室に置かれた名作スワンチェアや一部の家具は、二期倶楽部時代のものを那須の工房でリペアして引き継いだ。また「燦架(さんか)」と名付けられた棚にはヴィラごとに違ったアート作品が飾られ、気に入れば購入することもできる。こうした細やかな仕掛けにも二期倶楽部時代からの思いが見え隠れし、往時を知るリピーターからも好評だという。

さらに、建築家・石上純也の作品「水庭(みずにわ)」が滞在を特別なものに変える。敷地の約半分、5000坪にもおよぶ壮大なランドアートは、318本の木々とその間にモザイクのように配された160の池からなる。飛び石伝いに歩を進めると、まるで水の上を歩いているかのような不思議な感覚になるだろう。聞けば、奥に行くに従って木や池のサイズが大きくなり、散策する人の気持ちが解放的になるよう緻密に設計されているのだという。早朝の澄み切った空気の中での遊歩はまた格別で、宿泊者のみに許された静謐なひと時だ。

夜、「レストランμ」で土地に根ざしたフルコースを味わったら、ヴィラに戻ってオープンエアのバスタイムを堪能。頭上に瞬く星空が近くに感じられるのは気のせいだろうか。かつて二期倶楽部がまいた「自然やアートとの共生」という種は、時を経て、「アートビオトープ」としてその実を結ぼうとしているのかもしれない。

コネクティングルームとしても使える、サウナ・暖炉付きのツインルーム。ガラス窓を全面開放することでリビングとテラスがひと続きに。擁壁には造成中に敷地から出土した石をそのまま使用。

この客室は檜風呂仕様で、網代戸を大きく開放すれば風が吹き抜ける露天風呂に。

「レストランμ」の内観。ヴィラ同様、片流れの屋根が外に向かって大きく張り出し、小川や森林といった周囲の自然と一体になる。

コース料理は地元の栃木でとれた食材が中心となる。「ラビオリ 春菊」と名付けられた前菜のひと皿。ラビオリの中身は自家製リコッタチーズとハマグリ。フレッシュなマイクロ春菊とともに、春菊が泡のソースやパウダー状に仕立てられ、ほどよい味のアクセントに。

メインの「骨付き蝦夷鹿のロースト」。低温調理でじっくりと火入れすることで、ロゼカラーの絶妙な焼き加減に。

※Pen2021年2/15号「物語のあるホテルへ。」特集よりPen編集部が再編集した記事です。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、掲載している内容から変更になる場合があります。

アートビオトープ スイートヴィラ

栃木県那須郡那須町高久乙道上2294-3
TEL:0287-78-7833
全15室 ¥145,200(税・サービス料込、夕・朝食付)
アクセス:那須塩原ICからクルマで約20分、JR那須塩原駅からクルマで約30分、無料送迎バス有(要予約)
www.artbiotop.jp

名ホテルのDNAを受け継ぐ「アートビオトープ スイートヴィラ」は、まさに静謐な高原リゾート

  • 写真:岡村昌宏(CROSSOVER)
  • 文:真下武久

Share:

  • Line

Hot Keywords