NIGO®監修! 全129種のジンズ アンド サンが目指す、"サングラスの民主化"とは?

  • 文:高橋一史

Share:

  • Line

新サングラスブランド、ジンズ アンド サンがデビュー。イメージビジュアルでモデルのemmaが掛けているのは、ブランドの総合監修を担当したNIGO®のサングラスに対するイメージを最も色濃く反映させたカテゴリー「ローンチコレクション」の一本。

これまでもサングラスに力を入れてきたジンズが、サングラスに特化した新ブランドのジンズ アンド サン(JINS&SUN)を立ち上げた。全41型129種ものモデルを展開する同ブランドのエッセンスは、ベーシックからポップ、さらにスポーツ向けまでとバラエティ豊か。¥3,300(税込)と¥5,500(税込)の2タイプが主軸で、Tシャツを買うように気軽にトライできる。公園などの屋外で時間を過ごすニューノーマルな生活が定着する中で、目を守るためのサングラスを日本でも日常使いする芽生えになるかもしれない。

このたびのローンチにあたりジンズ アンド サンを監修したNIGO®に、新ブランドへの思いを語ってもらった。まずは立ち上げに至るまでの流れについて。

「自分がディレクションを行う前から、ジンズではかなりの型数のサングラスを発売していました。ただ、日本でサングラスを掛けることは一般的ではありません。サングラスのみをジンズから抜き出して、ジンズ アンド サンというブランドで差別化。アプローチを変え、ジンズの価格とクオリティ、ものづくりのノウハウをそのまま生かし、サングラスの民主化を目指していきたいと思っています」

NIGO®がこれまで手がけてきた数あるサングラスのデザインまでさかのぼり、ヴィンテージをひも解いた「ローンチコレクション」。古きよき時代の息吹漂うクラシックなサングラスだ。ともに¥8,800(税込)

マスに向けアプローチする、王道のサングラス

サングラス歴が長いファッションデザイナー/クリエイティブ・ディレクターのNIGO®。自身のブランドであるヒューマンメイドの他、さまざまなディレクションも手掛けている。

ジンズ アンド サンは、長年にわたりエッジーなストリートシーンを牽引してきたNIGO®が挑戦する、マスに向けた新たなアプローチでもある。「アクティブ」「スポーツ」「ポップ」など全7種のカテゴリーにわかれている中で、「ローンチコレクション」は彼のサングラスに対するイメージを最も色濃く反映させたものだ。太いフレームのレトロな表情が印象的な3型で、ロカビリーミュージシャンのバディー・ホリーや、ハリウッド女優のオードリー・ヘップバーンらをイメージしている。

「これまでのジンズのサングラスは、正直言って自分が思うサングラスではありませんでした。でもそこにニーズがあるということは、どちらかというとファッションより機能を求めるカスタマーが多いのだと感じました。そこでローンチコレクションは可能性を探る意味でも、あえてジンズにはなかった、ある意味王道のサングラスにしました。マスへのアプローチほど難しいものはなく、未だ模索中ではありますが、今回のファーストコレクションを受け、これからのジンズ アンド サンが進むべき道がより明快になっていくと思います」

ローンチコレクションの他に、NIGO®が特に気に入っているカテゴリーは、細いメタルとセルのコンビでレンズ色の薄い「ポップ」と、スポーティな要素のある「アクティブ」だ。

「個人的にはポップの色使いが好きです。アグレッシブに使えるアクティブも気に入っていて、まだまだやれることが多そうなカテゴリーです」

彼が口にするように今回の立ち上げは、これからの方向に先立つ第一弾コレクションだ。新しいサングラスを多くの人が掛けていくことで見えてくるデザインもあるのだろう。最後にNIGO®に、コロナ禍でマスクをつけて生活する人々へのサングラスの提案について尋ねた。

「眼の健康のためにサングラスを掛けるのはいいことだと思います。日本ではもともとマスクをつける習慣があり、このコロナ禍でより日常的なものとなりました。一方、海外ではマスクは印象が悪く、サングラスは日常的なものと、日本と逆の状況。ジンズ アンド サンではバリエーションを多く揃えることで、日本でサングラスを掛けることが自然な光景になるよう提案していきたいと思っています」

サングラス初心者は、最寄りのジンズに出かけて、まずは一本手にしてみてはいかがだろうか。サングラス愛用者なら、着替えるように手軽にコレクションを増やせるこの機会をお見逃しなく!

“どこか懐かしくもいまっぽい新鮮さ” を狙ったファッション性の高い「ポップ」の一型。¥5,500(税込)

「アクティブ」には、タウンユースからアクティブシーンまで活躍するモデルが揃う。モダン部分が屈折し、フィット感を調整できるユニークなデザインも特徴。¥5,500(税込)

問い合わせ先/ジンズ
TEL:0120-588-418

NIGO®監修! 全129種のジンズ アンド サンが目指す、"サングラスの民主化"とは?

  • 文:高橋一史

Share:

  • Line

Hot Keywords