イアン・マキューアン最新長編『恋するアダム』は、AIと2人の人間の三角関係。

  • 文:今泉愛子

Share:

  • Line

『恋するアダム』イアン・マキューアン 著 村松 潔 訳 新潮社 ¥2,750(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】

イギリスの人気作家、イアン・マキューアンの最新作はSF。主人公のチャーリーは、遺産で最高性能の男性アンドロイド、アダムを購入。チャーリーが上階に住む女子学生ミランダを夕食に誘った日、アダムは「ミランダを信用するな」と忠告する。彼女の秘密を突き止めていたからだ。チャーリーは動揺しつつも、彼女との関係を深めた。ところが自我を形成したアダムは、ミランダに恋心を抱く。人間は、アンドロイドとどう付き合えばいいのか。綿密な心理描写に引き込まれる。



日本で最も恐れられる、「文春砲」が生まれた舞台裏『2016年の週刊文春』。

再訪かなわぬ飲食店の思い出を100人の著名人が綴ったエッセイ集『Neverland Diner 二度と行けないあの店で』

美しくなれば幸せになれるか? 整形した4人の女性の告白集『東京整形白書 あと1㎜』。

イアン・マキューアン最新長編『恋するアダム』は、AIと2人の人間の三角関係。

  • 文:今泉愛子

Share:

  • Line

Hot Keywords