そっくり過ぎ? 「歴代アメリカ大統領」の着こなしまでよくわかる6本の映画。

  • 文:小暮昌弘

Share:

  • Line

1962年のキューバ危機でケネディを中心にしたホワイトハウスの内部で起こっていたことを克明に描いた『13デイズ』。©New Line Cinema/Everett Collection/amanaimages

2021年1月20日(日本時間では1月21日)に行われるアメリカ大統領就任式。では、映画作品の中で歴代アメリカ大統領はどのように描かれていたのか。着こなしなどにフォーカスしながら、6本の映画を中心に紹介する。


1.ジョン・F・ケネディを生き生きと描いた『13デイズ』

ある時期までに生まれたアメリカ人ならば、1963年11月22日、ジョン・F・ケネディ大統領が暗殺されたという一報を自分がどこで聞いたか、すぐに思い出すことができる。そんな話をアメリカで聞いた覚えがある。最近のアメリカ人ならばそれは2001年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロ事件が当たるだろうし、日本人の場合は2011年3月11日に襲った東日本大震災と考えれば、その瞬間の衝撃を容易に想像できるのではないだろうか。


それだけが理由ではないだろうが、歴代大統領の中で最も映画作品の中で取り上げられているのは、第35代大統領のケネディに違いない。そして、やはり彼の暗殺事件を題材にした作品がほとんどだ。


古くはバート・ランカスター、ロバート・ライアンが出演した『ダラスの熱い日』(1973年)。オリバー・ストーンが監督し、ケネディの頭文字をそのままタイトルにした『JFK』(1991年)。暗殺の瞬間を撮ったザプルーダー・フィルム(撮影したアマチュアカメラマン、エイブラハム・ザプルーダーの名から)をテーマにした実録ドラマ『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』(2013年)。あるいは夫人であるジャクリーン・ケネディにスポットを当てた『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(2016年)などがそれだ。どれも当時のドキュメンタリーフィルムをそのまま使った作品ばかりで、ケネディに扮した役者が画面に登場するのはチラ見え程度に過ぎない。ケネディが生き生きと動き回っている姿が再現された映画はほとんどないと言っても過言ではない。


それを上手に再現していると私が思ったのは、1962年に起こったキューバ危機を題材にした『13デイズ』(2000年)だ。ケネディ大統領をブルース・グリーンウッドが演じ、ケビン・コスナー演じる大統領特別補佐官らとともに最悪の核戦争を回避するために活躍する作品。実話をもとにしたスリリングな筋立てだが、ケネディの着こなしも実によく再現されている。シェイプしたネイビーのスーツのボタンをふたつとも掛けてしまうケネディのクセも忠実に描いているし、細かい話で恐縮だが、政治家になってボタンダウンを着なかったスタイルも忠実に描いている。グリーンウッドのケネディは本人よりも細身で優男のようにも見えるが、佇まいは似ていると感じた。

『13デイズ』

監督/ロジャー・ドナルドソン
出演/ケビン・コスナー、ブルース・グリーンウッド、スティーブン・カルプ 
2000年 アメリカ映画 2時間25分 
Amazon Prime Videoで配信レンタル中。

2.ダニエル・デイ=ルイスが1年間準備して演じた『リンカーン』

『リンカーン』で第16代大統領のリンカーンを演じたデイ=ルイスは3度目のアカデミー賞主演男優賞を獲得した。©Capital Pictures/amanaimages

ケネディと並ぶ知名度と人気を誇る大統領、エイブラハム・リンカーン(第16代)を題材にしたのは、『リンカーン』(2012年)。スティーブン・スピルバーグが監督しているが、主人公リンカーンを演じたのは、徹底した役づくりで知られる俳優のダニエル・デイ=ルイス。1年間の準備期間を条件に出演を受けた彼は、リンカーンが書き残した書物や資料を読みあさって役に挑んだと聞く。ウェーブがかった髪や顎髭も彼自身が伸ばしたもので、その上に特殊メイクを施しているが、リンカーンに瓜二つ。ブルックス ブラザーズで仕立てたフロックコートももちろん映画に登場してくる。当時の紳士のユニフォームであるフロックコートがどんなものか知りたいファッション好きの人はぜひとも観るべきだ。

『リンカーン』
監督/スティーブン・スピルバーグ 
出演/ダニエル・デイ=ルイス、トミー・リー・ジョーンズ、サリー・フィールド
2012年 アメリカ映画 2時間30分
Amazon Prime Videoで配信レンタル中。

3.グッチのビット・ローファーが登場する『フロスト×ニクソン』

『フロスト×ニクソン』の原作は舞台劇で、その舞台でニクソンを演じたフランク・ランジェラ(左)は映画でも同じ役に挑み、オスカーの主演男優賞にノミネートされた。©Universal/Everett Collection/amanaimages

『JFK』を監督したオリバー・ストーンは、その後も『ニクソン』(1995年)、『ブッシュ』(2008年)と、大統領を題材にした作品を続けて撮っている。しかも後の2本は大統領時代のふたりをかなり克明に描いた作品だ。


『ニクソン』で第37代大統領を演じたのは名優アンソニー・ホプキンスで物語自体はなかなか見応えある仕上がりで、さすがオリバー・ストーンと感じる。ホプキンスは全編でコンサバティブなスーツスタイルを披露しているが、彼が演じるとどんな役もアンソニー・ホプキンス本人に見えてしまうのが玉に瑕だ。


同じニクソン本人を題材にした映画でも、ロン・ハワードが監督した『フロスト×ニクソン』(2008年)の方がファッション的には気になる作品だ。イギリスの人気トーク番組の司会者だったデービッド・フロストがウォーターゲート事件で失脚したリチャード・ニクソンにインタビューをした実際の話をベースにした映画だが、あのグッチのビット・ローファーが象徴的なアイテムとして使われている。実はこの靴は映画のためのフィクションという説もあるが、ふたりの違いを如実に表す重要な役割を担っているので、これから観る方はお楽しみに。

『フロスト×ニクソン』

監督/ロン・ハワード 
出演/フランク・ランジェラ、マイケル・シーン、ケビン・ベーコン 
2008年 アメリカ映画 2時間2分 
Amazon Prime Videoで配信レンタル中。

4.『バイス』でブッシュ時代の副大統領を演じたクリスチャン・ベール

『バイス』でクリスチャン・ベールが演じた主人公チェイニーがそっくりなことは言うまでもないが、父ブッシュもジュニアもラムズフェルドもパウエルもライスもみんな似ている。©Capital Pictures/amanaimages

オリバー・ストーンによる3作目の大統領映画の『ブッシュ』でジョージ・W・ブッシュ役を演じたのはジョシュ・ブローリン。いつもは悪役などクセが強い役柄を演じることが多いブローリンがテンガロンハットにウエスタンブーツを履いてテキサス出身の大統領を演じている。ブッシュはアイビーリーグのイエール大学を卒業しているが、大学の名入りのスウェットシャツを着たブローリンはどうしても学生には見えず、思わず笑ってしまう。


数々の映画賞を獲得した『バイス』(2018年)で、ブッシュ大統領を演じているのは個性派俳優のサム・ロックウェル。彼も雰囲気はけっこう似ているのだが、それ以上に似ているのがブッシュ政権の副大統領であるディック・チェイニー。この役に挑んだクリスチャン・ベールは、体重を約20キロ増量し、髪を剃り、眉毛を脱色したと聞く。どこから見ても、チェイニー本人にしか見えない。それが証拠に2019年の第91回アカデミー賞ではメイクアップ&ヘアスタイリング賞を獲得している。


名監督ロブ・ライナーが2017年に撮ったのが『LBJ ケネディの意志を継いだ男』。タイトル名になっている「LBJ」とはケネディ暗殺の後、副大統領から第36代大統領になったリンドン・B・ジョンソンのこと。ジョンソン役を悪役やスキャンダラスな役が多いウッディ・ハレルソンが演じているが、前述のチェイニーと同じく、特殊メイクのおかげでジョンソン本人にとても似ている。

『バイス』

監督/アダム・マッケイ 
出演/クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、スティーヴ・カレル 
2018年 アメリカ映画 2時間12分
Amazon Prime Videoで配信レンタル中。

5.大物俳優たちが歴代大統領を演じる『大統領の執事の涙』

『ハリー・ポッター』『ダイ・ハード』などで知られるアラン・リックマンが第40代大統領のロナルド・レーガンを演じる『大統領の執事の涙』。夫人のナンシーを演じるのはあのジェーン・フォンダ。©Capital Pictures/amanaimages

実在したホワイトハウスの黒人執事セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)を主人公にした『大統領の執事の涙』(2013年)には、第34代以降の歴代の大統領がほとんど登場する。ドワイト・D・アイゼンハワーをロビン・ウィリアムズ、ケネディをジェームズ・マースデン、ジョンソンをリーヴ・シュレイバー、ニクソンをジョン・キューザック、ロナルド・レーガンをアラン・リックマンが演じている。本物に似ているか、似ていないかということよりも、誰もがよく知る大物俳優を配置したという感じだが、アラン・リックマンのレーガンは雰囲気が似ているように思えた。

『大統領の執事の涙』
監督/リー・ダニエルズ 
出演/フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、マライア・キャリー 
2013年 アメリカ映画 2時間12分 
Amazon Prime Videoで配信レンタル中。

6.『私が愛した大統領』でダンディなルーズベルトを堪能。

『ノッティングヒルの恋人』などで知られるロジャー・ミッシェルが監督した『私が愛した大統領』。ルーズベルトを演じたビル・マーレイはゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネート。©Capital Pictures/amanaimages

最後は、フランクリン・ルーズベルト(第32代)を描いた『私が愛した大統領』(2012年)だ。重度の身体障害を抱えながら4選を果たした唯一の大統領として知られ、アメリカでは人気が高いルーズベルト。映画そのものは公然の秘密であった彼の愛人の話で、大統領を描いた作品の中ではかなりの異色作。ルーズベルトを名優ビル・マーレイが演じているが、1930年代の古きよき時代の紳士のスタイルを披露する。クラシックなストローハットに薄茶のリネンスーツを纏い、茶のブローグシューズを履いて、ダンディでエレガントな着こなしで知られたルーズベルトが堪能できる作品だ。


この映画のエンドロール前に「国民は大統領に期待を寄せ続けた。自分達の望む理想像を求めたからだ」とナレーションが流れる。これがアメリカにおける“大統領”を象徴しているのだろう。だからこれほど多くの映画の題材に取り上げられ、映画の主人公にもなり得るのではないだろうか。

『私が愛した大統領』
監督/ロジャー・ミッシェル
出演/ビル・マーレイ、ローラ・リニー 2012年 
イギリス映画 1時間34分 
Amazon Prime Videoで配信レンタル中。


そっくり過ぎ? 「歴代アメリカ大統領」の着こなしまでよくわかる6本の映画。

  • 文:小暮昌弘

Share:

  • Line

Hot Keywords