「インスタ ポンプ フューリー」が落書きアートに! 話題の「ヴェトモン」がデザインした大胆すぎるスニーカーとは?

    Share:

    • Line

    「VETEMENTS×REEBOK」のスニーカー。

    真っ白な「インスタ ポンプ フューリー」を埋め尽くすように描き込まれたグラフィティの数々。 '70年代や'80年代にアメリカの都市を彩ったウォール・アートが思い起こされます。さらに、骨折した身体を固定する白いギプスへのメッセージ書き込みにも見えてきます。この特別なスニーカーをデザインしたのは、話題のファッションデザイナー、デムナ・ヴァザリア。彼自身のブランドである「ヴェトモン」と「リーボック」とのコラボとなる、2017年春に登場の「VETEMENTS×REEBOK(ヴェトモン×リーボック)」です。

    ヴェトモンとは何かをおさらいしておきましょう。2014年にスタートしたばかりの新鋭ブランドで、誰もが親しんでいる身近な服のプロポーションをエクストリームに変形させる作風で、モード界に一躍名が知れ渡りました。極端に長い袖がだらりと垂れ下がるMA-1やスウェットシャツ、ずるっと肩から抜け落ちる超ルーズシャツ、両肩が大きくせり出したダボダボのビッグジャケットなどを目にしたことがある人もいるでしょう。それらはヴェトモンの服か、またはこのブランドの影響下にある可能性大です。また、ヴェトモンにはもう一つ大きな特徴があります。市井の人々が普通に着ている作業着や、街の若者の生活に目を向け、ハイモードの世界に取り込んでいることです。スウェットパーカ、カーゴパンツ、チェックのネルシャツをダボダボのシルエットにアレンジするのは、デムナ・ヴァザリアにしてみれば当然のデザイン発想なのでしょう。

    2017年春夏コレクションのテーマは「コラボレーション」。「リーバイス」「カーハート」「ドクターマーチン」といった定番ブランドとコラボしたアイテムを、ヴェトモンの名で世に送り出しています。このラインアップに含まれるスニーカーが、ここに紹介しているVETMENTS×REEBOKのアイテム。往年のストリートのムードに満ちていることがよくお分かりでしょう。インスタ ポンプ フューリーという選択も、現代のストリートシーンで何がカッコいいのかをよく知るデムナならではです。ハンドペイントかと思いきや実はプリント技法による仕上がりで、元の図案は、デムナの指示によりスタッフが描いたもの。価格は高価ながら、このアートピースは一見の価値ありです! (文:高橋一史 写真:森山将人)

    上、横、後ろと全面にぎっしりと落書きが施されています。言葉は「BAD INFLUENCE」「SO GOOD」「LOVE」「MINORITY」など様々。

    空気を入れるポンプのボタン部分にまでプリントが。

    「Reebok」のロゴまでも、このためのデザインに見えてきます。

    VETMENTS×REEBOK ¥89,640(2月発売予定)

    問い合わせ先/伊勢丹新宿店 TEL:03-3352-1111

    Hot Keywords