視覚と嗅覚、そして味覚を駆使して味わいを表現する、ネスプレッソによるコーヒーテイスティングのワークショップが開催されました。

    Share:

    • Line

    日常的にグラン・クリュを愛用している優木さん。

    10月21日(水)〜11月8日(日)の間、全4回に渡り、東京・表参道の「ネスプレッソコーヒーエクスペリエンスセンター(ネスプレッソブティック表参道店2F)」にて、ネスプレッソのカプセルコーヒー“グラン・クリュ“を紐解く旅「コーヒーと旅するワークショップ」が開催されました。

    これは、毎回ゲストスピーカーを迎え、コーヒーのある生活についてお話しいただいた後、朝・昼・晩・コーヒーブレイクの4つのライフシーン別に提案された、ネスプレッソのカプセルコーヒー"グラン・クリュ"を3種類テイスティングし、それぞれのアロマ、味わいの違いを探求します。そして、ゲストスピーカーとともに視覚・味覚・嗅覚から受けた刺激を通じて、それぞれの違いを言語化し共有。コーヒーテイスティングの新たな楽しさを発掘するワークショップです。

    10月21日(水)に開催された第一回目のゲストスピーカーは、タレントの優木まおみさん。以前からのネスプレッソユーザーである優木さんは、「生活にコーヒーが欠かせない私にとって、育児で忙しい中でも簡単に本格的なコーヒーを楽しめるネスプレッソは、本当に助かっています!」と、ネスプレッソの使い勝手の良さを実感している様子。

    また、「理想のコーヒータイム」を問われると、「娘が積み木などで遊んでいる姿を眺めながら楽しむコーヒーがとても美味しく感じるし、そんな時間が大好きです。また、娘が眠りについたあと夫婦で楽しむ一杯も。ネスプレッソのコーヒーの味わいが夫婦の会話を弾ませてくれるのです」と、自身のコーヒーライフを語ってくれました。

    テイスティング体験ではソムリエの大越基裕さんも登場。優木さんと参加者に、視覚から嗅覚、そして味覚と進む、コーヒーのテイスティング作法を伝授してくれました。テイスティングした“グラン・クリュ”は、今回のテーマである「始まりのコーヒー」に相応しい、苦味と酸味のバランスの良い「ダルサオ」と、軽やかで優しい味わいの「リニツィオ・ルンゴ」、そして、苦味と味わいが強く、しっかりしたボディを持つ「ダルカン」の3種類。

    優木さんを始め参加者の全員が、大越さんのアドバイスをもとにそれぞれの“グラン・クリュ”をテイスティング。配布されたテイスティングシートに、ボディ・苦味・焙煎・酸味・味わいの強さを段階的に評価しグラフ化。さらに、色や香り、味わいと特徴、飲みたいシチュエーションを記しました。

    その後は、ティスティングシートに記した内容をもとに優木さんと参加者で、互いのティスティング結果を公表。その結果に賛同したり異なる評価に新たな発見をするなど、全員でコーヒー・テイスティング体験を楽しみ、満喫していました。

    最後に優木さんは、「テイスティングの評価は正確じゃなくていい。素直に自分が感じた味わいを、語り合って楽しめればいいと思います。今回、一杯一杯のコーヒーと向き合い、それぞれの個性と味わいを感じて、よりコーヒーに興味が湧いてきましたね。ちなみに、私の好みはバランスの取れた味わいの『ダルサオ』。私も何かに特化しているわけではありませんが、全体的なバランスで評価を得られるタレントでいたいですね(笑)」と、初体験のコーヒー・テイスティングを楽しげに振り返りました。


    用意されたテイスティングシートには、“グラン・クリュ”それぞれの味や感想を細かく書いていきます。

    大越さんの的確なアドバイスで、コーヒーの味わい方も変わるから不思議です。

    ワークショップは、表参道ブティック2階「コーヒーエクスペリエンスセンター」で開催されました。

    グラン・クリュの定番は全部で23種類と豊富なラインアップになっています。

    なお、ネスプレッソは、11月29日(日)と30日(月)の2日間、コーヒー好きのための究極のコーヒーテイスティングコンテスト「Nespresso Gold Capsule Contest 2015」を開催します。これは、ネスプレッソの社員のコーヒーテイスティングの質の高めることを目的に世界50カ国以上の社員が参加してきた伝統的な社内コンテストで世界各国に先駆け昨年より日本で開催されている、一般参加型のテイスィングコンテストです。

    アロマや味わいの異なる“グラン・クリュ”23種類の中から7種類をテイスティングし、コク、香り、味を評価し、その正確性をポイントで競うテイスティング試験と、コーヒーに関する筆記試験で優勝者を決定。優勝者には「鑑定家」を意味する「Nespresso Connoisseur(ネスプレッソ コノサー)」の称号が与えられます。コーヒー愛好家のみなさんがその〝腕〟を競う、またとない機会となっているんです。

    コーヒーに一家言を持ち、味わいの分析と表現に自信のある方は、この機会に自身のテイスティング技術を確認してみてはいかがでしょうか。(高野智宏)


    「Nespresso Gold Capsule Contest 2015」

    開催日時 :11月29日(日)、30日(月)
    開催場所: 「ボタニカ」
    東京都港区赤坂9-7-4東京ミッドタウン ガーデンテラス4F 
    ※当日レストランの営業は行っておりません。

    参加定員:各回20名
    実施概要11月29日(日): 1回目11時~12時/2回目12時30分~13時30分/3回目14時~15時/4回目15時30分~16時30分/5回目17時~18時/6回目18時30分~19時30分
    11月30日(月):1回目14時~15時/2回目15時30分~16時30分/3回目17時~18時/4回目18時30分~19時30分
    応募方法・参加資格:コンテストスペシャルサイトから11月15日(日)23時59分まで応募受付。当選者のみ出場可能・コンテスト優勝者:各日の優勝者には、昨年と同様に「Nespresso Connoisseur (ネスプレッソコノサー)」の称号と、賞品が授与されます。 ※コノサーとは、目利き・鑑定家を意味します。

    nspm.jp/goldcapsulecontest2015

    photographs by Raita Yamamoto

    Hot Keywords