「天空の城ラピュタ」などの背景画家、山本二三のリアリティに触れる。   

    Share:

    • Line

    時をかける少女『ゴーヤ棚』2006年 
    <font size="1">ⓒ「時をかける少女」製作委員会2006</font>

    時をかける少女『踏切』2006年 
    <font size="1">ⓒ「時をかける少女」製作委員会2006</font>

    絵がすべてを語ります。夏、光が差し込むゴーヤ棚の庭。踏切の向こうに続く長い坂道と、その上に広がる夏の雲。ワンシーンだけでもストーリーが想像できそうな、背景画を描き続けるアーティストがいます。その人の名前は山本二三(やまもと にぞう、1953年~、長崎県五島市出身)。アニメーションの美術監督・背景画家として、『天空の城ラピュタ』(1986年)、『火垂るの墓』(1988年)、『もののけ姫』(1997年)、『時をかける少女』(2006年)など、日本を代表する数々の名作に携わり、その作品を特徴づける背景画を描き続けてきました。
    静岡市美術館で8月4日から始まる展覧会『日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展~天空の城ラピュタ、火垂るの墓、時をかける少女~』では、この画家の世界に迫ります。普段あまり意識されることのない、しかし物語を支える重要な要素である背景画。アニメーションの中では一瞬しか見ることのできないこの名手の作品を、初期から最新作まで約200点、未公開作品や準備段階のスケッチであるイメージボードも含めて紹介しています。宮崎駿や高畑勲、細田守といったアニメーション映画監督の中心的スタッフとして活躍してきた、この色彩豊かで緻密な背景画家が生みだすリアリティを、ぜひご堪能ください。(Pen編集部)

    未来少年コナン『ギガントコントロールルーム』1978年 
    <font size="1">ⓒNIPPON ANIMATION CO., LTD.</font>

    もののけ姫『シシ神の森(5)』1997年 
    <font size="1">ⓒ1997二馬力・GND</font>

    天空の城ラピュタ『荒廃したラピュタ』1986年 
    <font size="1">ⓒ1986二馬力・G</font>

    『日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展
     ~天空の城ラピュタ、火垂るの墓、時をかける少女~』

    8月4日(月)~9月23日(火・祝)

    静岡市美術館
    静岡県静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3F
    TEL:054-273-1515
    開館時間:10時~19時(入場は閉館の30分前まで)
    休館日 :9月1日(月)、9月8日(月)、9月16日(火) ※8月は無休
    料金:一般¥900、大高生・70歳以上 ¥700、中学生以下無料
    http://shizubi.jp/exhibition/future_140804.php

    「天空の城ラピュタ」などの背景画家、山本二三のリアリティに触れる。   

      Share:

      • Line

      Hot Keywords