「ディズニー 夢と魔法の90年展」で、貴重なセル画などを初公開! 阪急うめだで開催中。

    Share:

    • Line

    企画展『ディズニー 夢と魔法の90年展 ミッキーマウスからピクサーまで』のポスター。

    ディズニーの貴重なセル画やフィギュア約800点を日本で一般初公開する企画展『ディズニー 夢と魔法の90年展 ミッキーマウスからピクサーまで』が、大阪の阪急うめだ本店で5月12日(月)まで開催中です。
    ウォルト・ディズニー・カンパニーの90年間を振り返るこの企画展には、ウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関する史料を収集・保存する「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」の監修のもと、門外不出の展示物が一堂に集まります。こうした展示物は、昨年末に行われたディズニーファンイベントを除けば、今回の巡回展が日本初公開となります。
    会場ではミッキーマウス誕生から『モンスターズ・インク』『トイ・ストーリー』といった最新のピクサー映画、さらに映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』まで、90年間に創り出されたアートや 小道具類、コスチューム、模型のほか、セル画やフィギュアなどが展示されます。また、ウォルト・ディズニー映画の製作舞台裏を初めて描いた「ウォルト・ディズニーの約束(3月21日公開)」内で、トム・ハンクスや エマ・トンプソンを始めとする出演俳優たちが着用した衣装なども日本初公開されます。
    加えて、展示作品に関連したT-シャツ、絵皿、トートバッグなどの会場限定オリジナルグッズや最新ディズニーグッズを多数販売。1950年~52年に発売されたミッキーマウスとドナルドダックの絵本の復刻版など、ディズニーファンにはたまらないレアグッズもお目見えします。 1923年の創業から数多くの作品を生み出し、人々夢とインスピレーションを与え続けているディズニー。ファン必見の企画展です。(Pen編集部)

    『プーさんとはちみつ』(1966年)のセル画 。 

    『眠れる森の美女』を制作中、セル画に着彩をするアーティスト 。 

    『美女と野獣』ブロードウェイ版(1998年)のベルのドレス 。ソウル・シンガーのトニー・ブラクストンが着用したもの。
    <FONT size="1">All Photos©Disney</FONT> <BR>

    『ディズニー 夢と魔法の90年展 ミッキーマウスからピクサーまで』

    大阪展
    4月23日(水)~5月12日(月)
    阪急うめだ本店 9F阪急うめだギャラリー
    大阪府大阪市北区角田町8-7
    開館時間:10時~20時(日~木)
    10時~21時(金、土)
    5月4日(日)~5日(月・祝)は21時まで
    ※入場は閉場30分前まで ※最終日は18時閉場
    料金:一般¥800 大学生・高校生¥600 中学生以下無料

    福岡展
    8月6日(水)~17日(日)
    会場:福岡三越9階「三越ギャラリー」

    ※本展は全国主要都市を巡回予定です(東京はすでに終了)。

    「ディズニー 夢と魔法の90年展」で、貴重なセル画などを初公開! 阪急うめだで開催中。

      Share:

      • Line

      Hot Keywords