新年は江戸東京博物館で、広重の『東海道五拾三次』をコンプリート!

    Share:

    • Line

    『東海道五拾三次之内 原 朝之冨士』 歌川広重

    新年1月2日から江戸東京博物館で始まる『大浮世絵展』。Penの浮世絵特集(351号)とともに楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

    さて、江戸東京博物館に行ったら、もうひとつ、ぜひ見ていただきたい展示があります。それが同じ1月2日から常設展示室5階で始まる特集展示『東海道五拾三次―江戸の旅事情 お伊勢参りと物見遊山―』。

    歌川広重の『東海道五拾三次』全55枚のうち、51枚がなんと一挙に公開されるのです。気になる残りの4枚は『大浮世絵展』に展示、つまり両方を見れば広重の『東海道五拾三次』をコンプリートできる、というわけです。

    名所・名物に、花や風雪によって四季折々の情感をプラス。さらにスナップのような生き生きとした人物を絵の中に配したガイドブックは、旅のワクワク感がたっぷりで見るだけで気分も上がります。特集展示では広重が10歳の頃に描いたと伝わる幻の作品も公開。『大浮世絵展』は3月2日までですが、『東海道五拾三次』の特集展示は、2月2日まで。

    江戸東京博物館へは、1月のうちにゆっくり時間をとって足を運ぶのがおススメです。(Pen編集部)

    『東海道五拾三次之内 戸塚 元町別道』 歌川広重

    『三保松原図』 伝・歌川広重(安藤徳太郎) 広重10歳の絵と伝わるこの作品は江戸東京博物館では初公開!

    特集展示『東海道五拾三次―江戸の旅事情 お伊勢参りと物見遊山―』

    2014年1月2日~2月2日
    東京都江戸東京博物館
    東京都墨田区横網1-4-1
    TEL:03-3626-9974
    開館時間: 9時30分~17時30分(土曜は19時30分まで、いずれも入館は閉館30分前まで)
    休館日:月(1月13日、1月20日は開館)
    料金:¥600(常設展観覧料、1月2日・3日は常設展観覧料は無料)
    ※特別展『大浮世絵展』は別途料金がかかります。
    www.edo-tokyo-museum.or.jp

    新年は江戸東京博物館で、広重の『東海道五拾三次』をコンプリート!

      Share:

      • Line

      Hot Keywords