トスカーナの魂を封じ込めた、惚れ惚れと美しい「フェラガモ」の新フレグランス

    Share:

    • Line

    1927年にイタリアのフィレンツェで創業した「サルヴァトーレ フェラガモ」。フィレンツェが位置するトスカーナ州にちなんだ香水シリーズを、このたび発売しました。
    その名も「TUSCAN SOUL」=トスカーナの魂。創業者のサルヴァトーレが夢を実現させた場所として、職人の創造性を生む土地として、ブランドにとって大きな意味をもつ地名を冠したことからも、フェラガモのこの新作に対する意気込みが窺えます。

    ラインアップは4種。いずれもユニセックスで使える香りです。
    優しい琥珀色の「ビアンコディカラーラ」は、白大理石の生産で知られる都市カラーラの名からとったとおり、天然石からインスピレーションを受けたもの。ネロリとホワイトペッパーのフレッシュな香りで始まり、ホワイトべチバーとフィグミルクの香りが続きます。ラストノートには、ホワイトムスクとトンカビーンズが、まさに大理石を彷彿とさせる繊細で静寂を呼ぶような落ち着いた香りをもたらしてくれます。

    そのほか、フィグリーフとジャスミンの香りの「ヴェンデミア」、フローラルな花の香りの「ヴィオラ エッセンツィアーレ」、ジャスミンフラワーにフレッシュなグレープフルーツが加わった香りの「コンヴィーヴィオ」が、新シリーズを彩ります。しなやかでモダンなボトルとアッシュウッドで作られたシックなキャップの組み合わせ。オブジェとしてもそそられる、端正で愛着の湧く佇まいです。(Pen編集部)

    問い合わせ先/フェラガモ・ジャパン TEL:0120-202-170

    トスカーナの魂を封じ込めた、惚れ惚れと美しい「フェラガモ」の新フレグランス

      Share:

      • Line

      Hot Keywords