美食の街サン・セバスチャンの宿で、海を望みつつ絶品の朝食を。

    Share:

    20

    美食の街サン・セバスチャンの宿で、海を望みつつ絶品の朝食を。

    アケラレ・ホテル(サン・セバスチャン)

    スペイン・バスク地方の有名なリゾート地、サン・セバスチャンの丘の上にある、モダンでクールな建物が印象的なホテルです。
    海を見下ろす円形ルーフトップテラスはとても魅力的なデザインで、眺めも抜群。テラスは大小6つあるので、さまざまな使い方が出来ます。

    ホテルのどの部屋からもカンタブリア海を一望でき、眺めは最高です。
    私が泊まった部屋には海を望む温泉風バスがあり、デザインも神秘的で、夜と朝で違った雰囲気を楽しむことができました。

    内装は石、ウッド、アクリルを使用していて、そのバランスも温かみがあって程よいです。
    落ち着けるラウンジもありました。

    スパは幻想的な雰囲気。
    プールのデザインのよさを含めてスパ設備が充実しているのはもちろんのこと、トリートメント後のリラックススペースで海を眺める時間には、とても癒やされました。

    ここサン・セバスチャンは、世界屈指の美食の街。
    このホテルにもサン・セバスチャン出身の料理人、ペドロ・スビハナが総料理長を務める3つ星レストラン「アケラレ」があり、世界的にも有名ですが、私があえてここで紹介したいのは、オールデイダイニングでの朝食です。

    自家製の生ハムに自家製パン、それとオムレツをいただいたのですが、美しい海を眺めながらということもあったのでしょうか、猛烈に美味しく感じました。
    特に、自家製バターと甘塩っぱい生ハムの美味しさには完璧にノックアウト。
    前日、夜遅くまでサン・セバスチャンのバルで食べ歩きした翌朝だったからなのかな……。

    食は絶品で、スタッフのホスピタリティも高く、優雅なホテルデザインも保証できます。
    サン・セバスチャンでのグルメツアーの疲れを癒やしに、ぜひ訪れてみてください。