一般公開にて、『夜警』の修復作業が進行中。

  • 文:ユイ キヨミ

Share:

  • Line
AMSTERDAMアムステルダム

一般公開にて、『夜警』の修復作業が進行中。

文:ユイ キヨミ

額から外された絵の前にはガラス張りの仮設ラボを設置。同美術館では、調査の進捗や発見などを毎週火曜日に動画で配信中。 photograph by Kiyomi Yui

レンブラントの代表作『夜警』は、アムステルダム国立美術館のいちばんの目玉。その調査・修復作業が、なんと一般公開される中で現在進行中だ。この絵は、常設であることと3.795×4.535mという大きさから、これまでに科学的な調査が行われる機会がほとんどなかった。今回の調査では、最新技術を駆使してミリ単位で絵をスキャン。次々と新発見が報告されている。なかでも、画面左の旗手が持つ旗の角度が描き直されていたことは、「レンブラントの試行錯誤の跡を伝える大発見」と美術館側も大喜び。今後、さらに調査を続けた後に修復作業にかかるが、詳細なスケジュールは未定。この世紀のプロジェクトを直に見学できるとあって、館内は連日大盛況だ。

Rijksmuseum

Museumstraat 1, 1071 XX Amsterdam
最寄り駅:RIJKSMUSEUM 
TEL:020-6747-000 
開館時間:9時~17時 無休 料金:一般20ユーロ
www.rijksmuseum.nl

一般公開にて、『夜警』の修復作業が進行中。

  • 文:ユイ キヨミ

Share:

  • Line

Hot Keywords