差別を巡る理不尽な矛盾を、魅力的な音楽と映像で包み込む。

    Share:

    • Line

    『グリーンブック』

    ピーター・ファレリー

    差別を巡る理不尽な矛盾を、魅力的な音楽と映像で包み込む。

    佐々木俊尚作家、ジャーナリスト

    監督は『愛しのローズマリー』をはじめコメディを通して偏見を描き出してきたピーター・ファレリー。ヴィゴ・モーテンセンが体重を大幅に増やして主人公を演じ、『ムーンライト』でオスカー俳優となったマハーシャラ・アリがピアニストに扮した。© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

    本作の舞台は1962年で、黒人の公民権運動が最高潮に達しつつあった時代のアメリカである。
    実話をもとにつくられたこの映画の主人公は、ふたり。ひとりは、ドクター・ドナルド(ドン)・シャーリーという天才的な黒人ピアニスト。9歳でレニングラード音楽院に学び、長じてからはストラヴィンスキーに「彼の技巧は神の領域だ」と評されたほどの著名な音楽家である。しかし彼はとても孤高で、内心を気軽には打ち明けない。
    もうひとりの主人公は、がさつで無教養だけれども、なんとも人間くさい風貌のイタリア系アメリカ人のトニー。ニューヨークのナイトクラブで用心棒を務めていたけれども、店が改装のために休業し、暇を持て余していた。
    ドンは、人種差別の激しい南部へのコンサートツアーを計画する。そのために運転手としてトニーを雇う。この設定だけで、これからの物語への期待にワクワクさせられる。そして物語はロードムービーへと転がり始め、ツアーではさまざまな出来事が起き、観客はふたりのおかしな関係に笑い、怒り、やがて深まっていく友情に心を揺さぶられる。
    本作には、差別という問題への深い問題提起も隠されている。ドンはなぜ差別されることを承知で、わざわざ南部へのツアーを敢行したのか。ドンの演奏は南部の裕福な白人たちに拍手喝采され、しかし同時にその彼らから激しい差別も受ける。この理不尽な矛盾がなぜ生じるのか。それらの謎が少しずつ解きほぐされていき、本作を観ている側は言葉を失う。
    そのような哲学的な深さを魅力的な音楽と映像で包み込み、物語の最後にはなんとも言えない素敵な結末が待っている。完璧な映画とは、こういう作品を言うのかもしれない。

    『グリーンブック』
    監督/ピーター・ファレリー
    出演/ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリほか
    2018年 アメリカ映画 2時間10分 3月1日よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて公開。
    https://gaga.ne.jp/greenbook

    差別を巡る理不尽な矛盾を、魅力的な音楽と映像で包み込む。

      Share:

      • Line

      Hot Keywords