シャツを畳んでクラッチバッグにトランスフォーム !? アートかギャグか、2018年春夏も 「ダブレット」 が絶好調です。

    Share:

    • Line
    構成、文:高橋一史
    写真:宇田川 淳

    Vol.26 シャツを畳んでクラッチバッグにトランスフォーム !? アートかギャグか、2018年春夏も 「ダブレット」 が絶好調です。

    doublet

    バリッとした独特な質感のシャツが袖に抱えているのは、折り畳まれてビニールに収納されたドレスシャツ……かと思いきや、実はサイドにファスナーが付いたクラッチバッグです! 椅子やテーブルにポンッと投げ出されたら、買ってきた、またはクリーニングから戻ってきたシャツにしか見えない “だまし絵” アイテム。PVCの透明ビニールの外装の中に、本格的な仕立てのシャツが入っています。立体感のあるリアルな落とし込みは、目の肥えた大人でも思わずクスリと笑ってしまう完成度の高さです。

    アートとユーモアを行き来するこのバッグは、タイドアップして仕事するビジネスパーソンにこそ使っていただきたいものです。仕事机に置いておくだけでも、ニヤッとして気分が上がるでしょう。社内ミーティングの時、来客をもてなす時、場を和ませ話を弾ませる小道具としても大活躍するはず。

    手がけたブランドの「doublet(ダブレット)」は、 “本気で遊ぶ” 作風で現在ブレイクしている注目株です。デザイナーの井野将之さんは、雑誌Pen2017年12/15号の「CREATOR AWARDS 2017」特集における、『必読! 2017年の「クリエイター・ニュース」』内で、注目すべき4人のファッションデザイナーのひとりに選出された実力派。ダブレットはよくストリートテイストと称されますが、モノづくりの現場に井野さんが足を運び、実験を繰り返している点で、多くのストリートブランドとは一線を画します。いわゆる “服好き” の心にも響く工夫と品位があるのです。

    バッグのみならず、ここに掲載しているシャツにもひと筋縄ではいかないアイデアが込められているのですが、詳細は次ページでご紹介しましょう。クラッチバッグのファスナーを開けた状態や、まだまだあるユーモアアイテムもたっぷりとお届けします!

    誰もが楽しめる、身近なアート表現。

    前ページ掲載のクラッチバッグです。ポケットは内部にひとつ付いています。バッグの裏面には、シャツの裾部分が入れられており、ひっくり返してもちゃんとシャツの収納袋に見えるようになっています。ビニール表面にプリントされたユーモラスな黒文字は、「ドレスシャツ(DRESS SHIRT)」。シャツのサイズやネックサイズまで細かく記載され、フェイク感が徹底して追求されています。 

    クラッチバッグ  ¥25,920(税込)/ダブレット(スタジオ ファブワーク TEL : 03-6438-9575)

    こちらも前ページ掲載のシャツを広げたもの。肩が落ちて身幅が広いビッグサイズで、ダボダボに着る服です。プリント文字の「プラスチック カバーTシャツ(Plastic COVERD-SHIRT)」(正しいスペルの「COVERED」から「E」がひとつ抜け落ち!)の意味は、樹脂コーティングしているということ。写真では分かりにくいですが、このシャツには樹脂がついている箇所とそうでない箇所が混在しています。その理由は製造方法にあるのですが……、

    このように畳まれた状態で樹脂が塗られているため、覆われた内側はコットンの生地そのままです。シャツパッケージがイメージされたレタリングもこの形でプリントされており、広げるとセパレートして面白いグラフィックが出現します。畳まれた平らな形のまま販売され、購入した人がバリバリと音を立てながら剥がして服に仕上げます。コンセプチュアルな発想であり、「捨てられてしまう服のパッケージを着る」という社会的なアイロニーも漂わせています。

    シャツ ¥37,800(税込)/ダブレット(スタジオ ファブワーク TEL : 03-6438-9575)

    襟付きシャツと同様のコンセプトでつくられたTシャツです。大量生産品のアメリカTシャツの外袋を着る発想でデザインされました。パッケージと服の境界線があやふやになったアートです。これもビッグサイズで、そのシルエットはいまの時代感と完全にリンク。洗濯可能ですから、夏の日差しを浴びながら短パンにサンダルでラフに着てみてはいかがでしょうか。

    Tシャツ  ¥22,680 (税込)/ダブレット(スタジオ ファブワーク TEL : 03-6438-9575)

    今回の記事のトリを飾るのは、その名の通りの「トートバッグ(Tote Bag)」。これも実にユニークなアイテムです。Tシャツが中に収納され、裏地の役割も兼ねています。ただしTシャツの裾がバッグの出し入れ口に縫い付けられているため、服として着ることはできません。トートのグラフィックが袋で包まれたパックTシャツを模していることに気づくと、このギミックが腑に落ちるでしょう。「中に本物のTシャツが入っている」という、手間をかけたユーモア表現なのです。バッグの底に押し込んだTシャツはクッション性があり、荷物の保護に役立ちます。部屋に飾るときはTシャツ部分にハンガーを入れて吊るし、ユニークなアートを楽しみましょう。

    トートバッグ ¥28,080(税込)/ダブレット(スタジオ ファブワーク TEL : 03-6438-9575) ハンガー/私物


    ダブレットの国内の取扱い店は、「WISM(ウィズム)」、「ミッドウエスト」らの一部のセレクトショップです。手にできる場所は限られますが、ファッションの領域を広げてワクワクさせてくれるこのブランドのクリエイションは、一見の価値ありです!

    シャツのボディは樹脂コーティングされています。その驚くべき理由とは !?
    クラッチバッグ ¥25,920(税込)、シャツ ¥37,800(税込)、バッグに入れたTシャツ ¥22,680(税込)/すべてダブレット(スタジオ ファブワーク TEL : 03-6438-9575)
    www.doublet-jp.com


    シャツを畳んでクラッチバッグにトランスフォーム !? アートかギャグか、2018年春夏も 「ダブレット」 が絶好調です。

      Share:

      • Line

      Hot Keywords