あの「アルテックストア」が東京に! アアルトはじめ北欧の名作家具はここで見つかる。

  • 写真:江森康之
  • 文:岩崎香央理

Share:

  • Line

1935年に建築家のアルヴァ・アアルトらによって創業され、北欧モダンを代表する家具を数多く生み出してきた「アルテック」。本国フィンランドに次いで最もファンが多いという日本で、初めての直営店が4月27日、東京・表参道にオープンしました。

アルヴァ・アアルトやイルマリ・タピオヴァーラ、コンスタンチン・グルチッチらのアルテック製品と、ヴァーナー・パントンやジャン・プルーヴェといったヴィトラのコレクションが競演。美しい名作椅子が一堂にディスプレイされています。

ヨーロッパ以外では初めての直営店となる「Artek Tokyo Store(アルテック 東京ストア)」。アルヴァ・アアルトの名作家具を中心としたコレクションを取り揃えた旗艦店であり、フィンランドの文化や豊かなライフスタイルを紹介するアンテナショップとして、北欧デザインに触れる新たな拠点が誕生しました。ここでは、オープンを記念した限定品や、日本のデザイナーとのコラボアイテムも発売。アルテック社長のマリアンネ・ゴーブルさん、2013年よりアルテックとパートナーシップを結ぶヴィトラ社CEOのノラ・フェルバウムさん、そしてショップの設計を手がけたダイケイ・ミルズ代表の中村圭佑さんの話とともに、ストアを紹介します。

日本とフィンランドの国交を記念した、プロダクトに注目。

1階では、フィンランドの注目デザイナーの小物などもセレクト。「ヨハンナ・グリクセン」や「カウニステ」のテキスタイル、2人組アーティスト「カンパニー」による雑貨など、コンテンポラリーな品揃えです。

表参道から脇道を一本入ると、そこは小さなショップが点在する落ち着いたエリア。路面店としてオープンしたArtek Tokyo Storeは、柔らかな自然光とテラコッタ・カラーが手招きをする、温かいホスピタリティを感じる空間です。

エントランスのウィンドウを飾るのは、日本限定の「スツール 60 藍染」。アアルトによるアイコニックな三本脚スツールを、徳島の藍師・染師BUAISOU(ブアイソウ)がジャパン・ブルーに染め上げました。このコラボレーションは、2019年が日本とフィンランドの国交関係樹立100周年にあたることを記念して企画されたもの。「FIN / JPN フレンドシップ コレクション」と題し、他にも皆川明や長坂常など、日本のクリエイターが参加したプロダクトや限定商品が、続々と発表されています。

エントランスの一角には、深い湖を思わせる「スツール 60 藍染」を展示。藍の原料栽培から染めまでを一手に行い、海外のファッション業界からも注目される徳島県の藍師・染師BUAISOU(ブアイソウ)とのコラボレーション。※Artek Tokyo Storeでは完売
藍染の上にナチュラルラッカー仕上げを施したシリアルナンバー入りを100脚、藍染本来の風合いを残すラッカー仕上げなしを10脚限定生産。写真はラッカーなし。自然に藍が抜けて変化していくアートピースとして販売するため、色移りを避けたい人はラッカー仕上げがお薦め。¥81,000(税込)※Artek Tokyo Storeでは完売

さらにエントランスで目を引くのが、オープンを記念した特別モデル「ドムス チェア オンネア」。イルマリ・タピオヴァーラによる名作椅子を「オンネア(おめでとう)」の意味を込めてスウェーデン産のタンショーレザーで仕上げた、50脚の限定品です。

1950年代に初めて日本に紹介されたというアルテック製品。以来、特徴的な曲げ木の技法を用いたアアルトの家具を筆頭に、フィンランドのプロダクト、そして北欧のモダン・デザインは日本で長く親しまれてきました。アルテック社長のマリアンネさんは語ります。

「日本において、アルテックは真の意味で理解され、愛されていると感じます。100周年記念のフレンドシップ コレクションが意図するのは、日本とフィンランドとの対話。伝統的なクラフトマンシップと現代的なアプローチという、両国のものづくりに共通する志を体現したコレクションです」

1946年にヘルシンキの学生寮、ドムス アカデミカのためにデザインされた「ドムス チェア」。「ドムス チェア オンネア」の制作に携わったのは、ヘルシンキ芸術大学(現・アアルト大学)で学んだデザイナーの熊野亘。時を重ねて味わいを増すタンショーレザーは、始まりを思わせるヌードカラーです。
2019年限定販売の「スツール 60 ウスタヴァ」。“ウスタヴァ”とはフィンランド語で友達を表す言葉。通常のスツール 60では生産段階ではじかれてしまう節や模様のある木材を、あえて自然の姿として残した製品です。¥21,384(税込)
テキスタイル・デザイナーの皆川明が、親交の深いアルテックのために製作したビジュアル・ブック『ああるとのカケラ』も販売。アアルト夫妻のデザインから皆川が抽出したエッセンスをドローイングで表現しています。¥3,996(税込)

「湖のほとりを歩いて家路につくイメージで設計しました」と語るのは、店舗デザインを担当した設計事務所DAIKEI MILLS(ダイケイ ミルズ)の中村さん。あえてフロアの中央に配して存在感をもたせたという地下への階段が、湖の底を覗き込むかのごとく、ぽっかりと口を開けています。

その円い岸辺に沿うように1階奥の壁に展開されるのは、「スツール ワークショップ」のコーナー。ここでは、定番であるスツール 60を構成する座面と、L-レッグと呼ばれるアアルトならではの曲げ木の脚を、好きなカラーで組み合わせることができます。このサービスを行っているのはアルテック直営店のみ。ヘルシンキの本店でも、海外や遠方から訪れた人が、記念に自分だけのスツールをカスタマイズして買っていくことが多いそうです。

スツール 60の座面とL-レッグを好きな色と仕上げで組み合わせできるワークショップは、ヘルシンキと東京だけの限定サービス。脚は1本ずつ色を変えることも可能。その場で組み立ててもよし、フラットパックでの持ち帰りもOKです。

抜けのある地下は、モダン・ファニチャーの名品がずらり。

高い天井を活かした地下フロアは、さながらデザイン・ミュージアムのよう。北欧モダンにアメリカのミッド・センチュリーなど、お気に入りの一脚をじっくりと吟味したいものです。

1階から地下への階段は「洞窟の中へと下りていくような感覚でつくった」という中村さん。下りた先には広々とした空間が開け、目の前にはグリッド状のラックに名作椅子がずらり。アアルトによるアルテックの代表作はもちろん、2013年にグループ企業となったヴィトラの名品も揃い、ミッドセンチュリー・モダンから現代へと至る圧巻のコレクションを愉しませてくれます。

この地下フロアでは、心地よいリビング・ライフを提案。アルテックやヴィトラの家具や照明がゆったりとディスプレイされています。ヴィトラCEOのノラさんが、ふたつのブランドの出合いを振り返ります。

「自然の素材を生かし、シンプルで洗練されたデザインをもつアルテックは、ヴィトラに新たなデザイン言語をもたらしました。アルテックとヴィトラのパートナーシップは、それぞれの物語のコラージュとも言えます。このお店には、そうしたつながりにふさわしい温かさとエレガンスと寛容さがありますね」

左から、DAIKEI MILLS(ダイケイ ミルズ)代表の中村圭佑さん、アルテック社長のマリアンネ・ゴーブルさん、ヴィトラCEOのノラ・フェルバウムさん。ノラさんの叔父でヴィトラ前CEOのロルフ・フェルバウムさんが、アアルトの熱烈なファンだったそう。
ヘルシンキのストアから送られる「2nd Cycle(セカンド サイクル)」のヴィンテージ品も販売。フリーマーケットや古い工場、学校、造船所などで長く使われてきたアルテック製品を買い取り、リサイクルするというプロジェクトです。¥70,200(税込)~
北欧インテリアのアクセントとなるペンダントライトも充実。左から、アアルト「A331 ペンダント ビーハイブ」¥108,000(税込)、ヨーン・ウッツォンの「U336 ペンダント」¥56,160(税込)、アアルト「A110 ペンダント 手榴弾」¥44,280(税込)

マリアンネさんは、日本とフィンランドの審美眼における共通点を、「日常の小さな美しさに価値を見出すこと、自然の素材を愛でること、その中にある小さな欠点すら愛する心をもち、シンプルで控えめな細部に気持ちを込めること」と見出しています。だからこそ、日本で直営店をオープンしたいという夢を、ずっともち続けてきたそうです。

「1936年に最初にオープンしたヘルシンキのアルテックストアでは、アートやデザインなどさまざまな展示を通じて、人々にモダンな生き方を提案してきました。そこに行けば発見があり、アイデアを得られ、なにかを学んで帰れるような場所。私たちは多くのファンがいる日本で、そうしたコンセプトを体現したいと思っています。このお店が北欧文化の発信地になっていけたらいいですね」

「この場所を通じて、暮らしのヒントを与えたい」とマリアンネさん。「アルテックの製品は日常でずっと使っていけるもの。キャラクターがありながらも、部屋を乗っ取るものではないんです」
ジョージ・ネルソン「ネルソンクロック」シリーズや、ジャスパー・モリソンのスツール「コルク ファミリー」など、デザイン好きにはお馴染みのヴィトラ製品も豊富に扱っています。

天井を見上げると、波打つルーバー越しに明かりが注ぎ、壁にはリズミカルな影が描き出されます。「木漏れ日のような光や有機的な曲線は、フィンランドの自然からインスピレーションを受けました」と話すのは中村さん。テラコッタ・カラーや格子、ポールを生かしたデザインなど、アアルトの建築からくるエッセンスも随所に表現されています。

「アアルトのデザインは、曲線がまるで猫のよう。そばにいると思わず撫でたくなる、永遠の相棒のような存在。慣れ親しんだ飼い猫を見つけにくる感覚で、家具と出合えるお店であってほしいです」

煉瓦がランダムに積まれ、観葉植物が育つテラスからは自然光が差します。まるで心地いいリビングにいるような気分。アルテック 東京ストアには、自然を愛し、デザインを大切にするフィンランドの暮らしの哲学が息づいています。

「木漏れ日のように降り注ぐ光にしたかった」という中村さん。フィンランドの自然とアアルトの世界観を重視し、地上の森や湖に始まって、建築物が佇み、そこから空を見上げるような、縦に長い目線をイメージに設計しました。
1984年生まれの若手デザイナー、ダニエル・リーバッケンによるミラー「124°」。ノルウェーとスウェーデンでデザインを学び、アート・インスタレーションに近いプロダクトを発表しています。¥45,360(税込)

Artek Tokyo Store(アルテック 東京ストア)


東京都渋谷区神宮前5-9-20 1F、B1F
TEL:03-6427-6613
営業時間:11時~20時
休:火
無休(年末年始を除く)
https://www.artek.fi

Hot Keywords