世界の人々を魅了した、グランドセイコーによる「時」のダイナミズム

  • 写真:フランキー・ヴォーン
  • 文:土田貴宏
  • コーディネート:坂本きよえ(STUDIO SAKAMOTO)

Share:

  • Line

「時間とは、刻むものではなく流れるもの」。今年4月のミラノ・デザインウィークに初出展したグランドセイコーは、神秘的なインスタレーション「ザ・フロー・オブ・タイム」でその哲学を伝えました。今回の展示を手がけたタクト・プロジェクトの吉泉聡が、その発想の秘密を語ります。

グランドセイコーのムーブメント、スプリングドライブの約200点ものパーツと、明滅するLEDを封入した透明のオブジェ。

毎年4月に開催されるミラノ・デザインウィークは、家具見本市のミラノ・サローネをはじめとして、世界中から最新のクリエイションが集まる大規模な催しです。今年、このイベントに初出展したグランドセイコーのインスタレーション「ザ・フロー・オブ・タイム」は、「時間の流れ」をテーマとし、多くの人々を魅了しました。その空間を手がけたのが気鋭のデザイナー、吉泉聡が率いるタクト・プロジェクト。彼はグランドセイコーが採用しているセイコー独自のムーブメント、スプリングドライブから大きなインスピレーションを得たと言います。

吉泉聡が手がけたインスタレーション。その発想の原点は?

スクリーンの光に照らされる透明のオブジェ。その中の時計は右から左へと完成形に近づき、オブジェ自体も円柱に近い形から徐々に有機的な丸みを帯びたものへと変化していきます。

「グランドセイコー」が誇るセイコー独自のムーブメント、スプリングドライブ。その存在が、多くの人々が我を忘れるほど感じ入った美しいインスタレーション「ザ・フロー・オブ・タイム」の原点でした。舞台となったのは、世界中から最新のクリエイションが集まるミラノ・デザインウィークです。セイコーにとってミラノ初となる今回の出展で起用された、タクト・プロジェクトの吉泉聡はこう語ります。

「音もなくスーッと動いていくグランドセイコーの時計の秒針を見て、時間とは刻むものではなく流れるものだと実感しました。この時期のミラノは誰もがとても忙しいですよね。そんな中、途切れることのない時のうつろいを感じて、いい時間を過ごせたと思える空間をつくりたかったのです」

吉泉聡はネンド、ヤマハなどを経て2013年にタクト・プロジェクトを共同設立。昨年はデザインマイアミのデザイナーズ・オブ・ザ・フューチャーに選ばれるなど、世界からの評価も高まっています。

ザ・フロー・オブ・タイムの会場では、視界を覆うような幅21mものスクリーンに、映像クリエイターの阿部伸吾によるさまざまな光景がルー プするムービーが投影されました。朝日、波、桜、夜景、そして満天の星。こうした一日の時の流れに溶け合うように配置されたのが、スプリングドライブの約200点におよぶ精密なパーツを封入した透明アクリルのオブジェです。「このオブジェは12点あり、パーツが徐々に組み上がる様子を再現。最後の1点は実際にムーブメントが動いています。クラフツマンシップの存在を一連のオブジェで表現しました」と吉泉。近づいて目を凝らすと、気が遠くなるほどに細かいパーツが、小宇宙を形づくっているかのようです。

左:スプリングドライブを搭載したグランドセイコーの代表的モデル、ヘリテージコレクション「SBGA211」。¥669,600(税込)。右:スプリングドライブは機械式とクオーツ式の特徴を併せもつセイコー独自のムーブメントで、ぜんまい駆動で日差±1秒以内の高精度を実現。秒針がなめらかに動くのも特徴のひとつです。

映像とオブジェが一体となって世界観を語る。

時の流れを表現する映像と、時計のパーツを使ったオブジェが一体となって世界観を伝えた点が、このインスタレーションの新機軸です。吉泉いわく、「テクノロジーを使ってふたつの要素をコンビネーションさせることに大きな可能性を感じました」

グランドセイコーは、ムーブメントの開発から製造まですべて自社で行う、世界でも数少ない真のマニュファクチュール。スプリングドライブの組み立ては、特に限られた職人にしかできないと言われています。悠久の時の流れは、優れた技術力によって、目に見える時計の針の動きへと変換されていくのです。

「20年以上にわたって機械式時計の革新に取り組み、ようやく完成したのがスプリングドライブだそうです。その結果、秒針のなめらかな動きが実現した。努力を極めた末に本質に到達するという姿勢は日本的ですね」

このインスタレーションに魅了された多くの人々は、ひと時の体験を通して、グランドセイコーの根本にある哲学に触れていたのです。

1967年発売の「44GS」のデザインを現代的に解釈し、さらにスプリングドライブを搭載した「SBGA375」。¥583,200(税込)

5月に発売されたヘリテージコレクション「SBGA375」は、スプリングドライブを搭載した最新モデルです。黒に近いミッドナイトブルーのダイヤルの上を、秒針がなめらかに移動していきます。流れる時間の神秘を、世界中の人々に伝えたミラノでのインスタレーション。その出発点になった技術は、これからもこうしてグランドセイコーの製品に活かされ、揺るぎない価値をつくっていくことでしょう。

問い合わせ先/グランドセイコー専用ダイヤル TEL:0120-302-617
www.grand-seiko.com

Hot Keywords