夏気分を盛り上げる、いま手に入れるべき厳選サマーシューズ4足。

  • 写真:宇田川 淳
  • 文:高橋一史

Share:

  • Line

木々の緑が濃さを増し、もうすぐ夏がやってきます。服装が涼しげなものに移っていくなか、足元もそれに合わせたいもの。この季節にぴったりのスリッポンタイプのシューズから、いま欲しい4足を紹介します。

日本にはもともと、「衣替え」という季節の移り変わりを肌で感じる伝統的な風習があります。夏に向けて、新暦の6月1日が装いを変える日に相当します。この風習に倣って、強い日差しも心地よく思える夏向けのシューズを手に入れてはいかがでしょうか。ここでは大人の足元を軽快にする、リゾート気分のエスパドリーユ系スリッポン4タイプを提案します。お好きなものに足を入れ、ぜひワクワクする特別な夏をお過ごしください。


1.デニムとスエード、2タイプが揃う「トッズ」

2.本格エスパドリーユを別注した、「サルヴィ×417エディフィス」

3.フランス生まれがコラボした、「リヴィエラ×セントジェームス」

4.高機能が自慢のニューカマー、「ターミガン」

旬のモチーフも、「トッズ」にかかれば知的なムードに。

3層に重なる涼し気な配色が美しいデニムのスリッポン。¥74,520/トッズ(トッズ・ジャパン TEL: 0120-102-578)

足入れのよさと上質な素材使いで、軽快なシューズの代名詞的な存在である「トッズ」。この2018年夏にリリースされた2足のスリッポンには、ブランドのアイコンであるドライビングシューズ「ゴンミー二」の遺伝子が受け継がれています。アッパーがスニーカー、ミッドソールがエスパドリーユ、アウトソールがドライビングシューズという、3種類のシューズがミックスされた個性派です。

上写真のモデルは、アッパーにデニム素材が用いられています。デニム特有の色ムラや、糸をほつれさせたエッジが、夏の自由な気分にジャストフィット。爽やかさをプラスする大きな「TODS」の文字は、白くペイントされたもの。ヴィンテージの軍モノにも通じるフォントに、オトコ心をくすぐられる人も多いはず。汚れやこすれも味になる、つい毎日履きたくなる一足です。

もう一足の、下写真のスリッポンは、アッパーの素材が本革のヌバックです。砂浜やヨットハーバーが似合う、マリンストライプの柄がプリントされています。落ち着いたブラウンの色は、チノパンツなど同系色のパンツがコーディネートしやすいでしょう。

デニムとスエードの二足はともに、内張りがレザーになったラグジュアリーな仕上がり。贅沢な素足穿きもいいですが、ショートソックスをチラ見せする着こなしもぜひお愉しみください。

エスパドリーユに倣った、ミッドソールのラフィア(椰子)がアクセント。¥69,120/トッズ(トッズ・ジャパン TEL: 0120-102-578)
ペプル(突起)があり、踵まで伸びたアウトソールは、ドライビングシューズのディテール。

ショップ別注の本格エスパドリーユ、「サルヴィ」は、カラバリも豊富。

遊び心で選びたい、ボルドーとオレンジのエスパドリーユ。各¥6,372(税込)/ともにサルヴィ×417エディフィス(417 エディフィス 渋谷店 TEL: 03-5456-6971)

エスパドリーユのルーツは、スペインにあります。農民が製造した国民的な簡易シューズが、1950年代前後にファッションとして人気を獲得しました。アッパーが布で、ソールがジュート縄というのが基本形です。ソールは、太く編まれた縄を、円を描くように平面で折り畳んでつくられています。

ここに紹介するスペインの「サルヴィ」は、もともとこのソールの製造メーカーでした。92年に自社ブランドとしてサルヴィをスタート。歩きやすさと自社製造ならではのリーズナブルな価格で、エスパドリーユを代表するブランドに成長しました。

伝統的なエスパドリーユは、実は左右の形が一緒なのですが、サルヴィはアナトミカルに足型に沿わせています。履き口がコンパクトなため、歩いている時に脱げにくいのも特長。このブランドを支持する人が多いのもうなずけるつくりです。

掲載しているものはすべて、「417エディフィス」がカラー別注したモデル。素材がフェイクスエードなので価格が抑えられ、さらに汚れも落としやすくなっています。履くときは、やはり素足が似合います。街中だけでなくリゾート旅行にも持参して、現地で優雅な気分を味わいましょう。 踵を潰してサンダルのように履くこともできますから、夏が過ぎたら室内履きにするのも一興です。

踵がやわらかいので、潰して足入れもできるサルヴィは、ビーチリゾートで大活躍。¥6,372(税込)/サルヴィ×417エディフィス(417 エディフィス 渋谷店 TEL: 03-5456-6971)
アウトソールはゴム製。形状は伝統的なエスパドリーユと比べ、足の形に沿っています。

「リヴィエラ」とコラボしたのは、ボーダーTシャツの雄「セントジェームス」

ネイビー×ホワイトカラーのコラボスリッポン。¥11,880/リヴィエラ×セントジェームス(アマン TEL: 03-6805-0527)

リラックスしたスニーカー感覚のスリッポンをメインに展開する、フランスのシューズブランド「リヴィエラ」。品のいいメンズウエアを扱うセレクトショップでよく見かける、日本でも人気のブランドです。入手しやすい手頃な価格も、人気の理由のひとつ。夏こそが活躍の舞台のリヴィエラが今季、フランス生まれ同士のコラボアイテムを発表しました。それがここに掲載しているスリッポンとTシャツのカプセルコレクション、「リヴィエラ×セントジェームス」です。

スリッポンでは、セントジェームスのアイコニックなボーダー柄がアッパーを彩っています。カラーバリエーションは上写真の「ネイビー×ホワイト」と、下写真、下の「ホワイト×ネイビー」。黒でなくネイビーというところに、本格的なマリンを感じさせる色づかいです。

両者がコラボしたテーマは、「フランスのモンサンミッシェルから、地中海のコルシカ島を目指す旅」。まさしく海辺で使われることが想定されたデザインですが、都会の街中でも見栄えのいいシューズです。ゆったりとしたカーキのカーゴパンツや、スリムなブルーデニムでもサマになるのが、ボーダー柄の奥深さ。足首をのぞかせるクロップド丈のワイドパンツでも、「大人かわいい」装いになるでしょう。

内側をタオルのようなパイル地にした、素足履きを前提につくられたシューズです。
今回のコラボスリッポンは、6月27日(水)〜7月24日(火)まで「GINZA SIX」にて開催されるポップアップショップに登場。上写真の大西洋のサンセットが描かれたTシャツもコラボアイテム。Tシャツ¥8,424、ホワイト×ネイビーのスリッポン ¥11,880/ともにリヴィエラ×セントジェームス(アマン TEL: 03-6805-0527)

フィット感を調整できる、「ターミガン」のユニークさ。

ダイヤルを回転して締める機能を備えたシューズ。¥21,600/ターミガン(フェイス TEL:03-5738-1872)

しなやかで足に優しいエスパドリーユの味わいに、スポーツスニーカーに匹敵するフィット感を付け足した注目のシューズが、2017年に登場しました。それがこの日本ブランド、「ターミガン」です。

履き口を切りっぱなしにしたコットンキャンバスやスエードレザーをアッパーに使い、ミッドソールをジュートで覆ったディテールは、まさしくエスパドリーユのセオリー。ターミガンはさらに、ダイヤルを回してワイヤーを締め、足にフィットさせる現代の技術、「フリーロック」を取り入れました。これにより安定性は格段に向上し、都会の硬いアスファルトや悪路でもガンガン歩けるシューズになりました。

時計回りに回すとアッパーが締まり、反時計回りに回すと一瞬で緩められます。外出先でシューズを頻繁に脱ぎ履きする際に重宝する仕様です。クッション性のある厚手のアウトソールは、オイル耐性のあるビブラム社のもの。夏のワークシューズとしても活用できる仕様です。

ローテクとハイテクが融合したこのシューズは、洋服とのコーディネートも自由自在。現代的なスポーツウエアでも、古着でもトラッドでも、なんでもこなす優等生です。

カラーバリエーションも豊富。左の3足はスエードレザー各¥24,840、右3足はキャンバス各 ¥21,600/すべてターミガン(フェイス TEL:03-5738-1872)
ワイヤーをいちばん緩めた状態。内側にはメッシュのクッション材を入れ、足に優しい工夫が。

夏気分を盛り上げる、いま手に入れるべき厳選サマーシューズ4足。

  • 写真:宇田川 淳
  • 文:高橋一史

Share:

  • Line

Hot Keywords